ザモカル(ゼニカル・ジェネリック)

 

 

 

 

ザモカルの解説(通販サーチ)

ゼニカルのジェネリック製品であるザモカルは、人気急上昇中のダイエットピルです。有効成分であるオルリスタットがゼニカルと同じ成分量含まれ、価格は1/2以下でコスパが優れています。ベストケンコーやくすりエクスプレスでは100件以上のレビューがあり高評価。日本語の説明書があるため、この手のダイエットピルが初めての人でも飲み方など迷うことがありません。

ザモカルの有効成分であるオルリスタットは、脂肪分解酵素の働きを抑えることで、食事から体内に吸収される脂肪を約30%カットし、脂肪が体内に蓄積されるのを防ぎながら、便としてスムーズに排出します。本剤を服用すると、食事から吸収される脂肪を約30%カットし、脂肪やカロリーの摂取を抑制することができます。つまり、「食べなかったことにする」という効果があります。食事として脂肪を摂取すると、体内で消化・分解・吸収されます。

ザモカルの先発薬であるゼニカルは、日本ではまだ承認されておらず、保険も適用されません。そのため、日本の病院でゼニカルを入手するには、個別に取り寄せているクリニックから購入するしかありません。注意点として、ザモカル(ゼニカル)を服用すると、脂肪だけでなく、必要な栄養素の吸収が妨げられることがあります。ビタミンA、D、E、Kは脂溶性ビタミンと呼ばれ、脂肪などに溶けて体内に吸収されるので、ビタミン類の補給をお勧めします。

脂肪分の多い食事による脂肪は、運動や食事制限をしてもなかなか減らず、途中でダイエットをやめてしまう原因のひとつにもなります。ザモカルは、脂肪分解酵素の働きを抑えることで、体内に吸収された脂肪を約30%カットし、体内に脂肪が蓄積するのを防ぎ、便としてスムーズに排出します。

ザモカル120mgは、余分な脂肪を便とともに排出し、食事制限を必要としない肥満症治療薬として人気があります。肥満症治療薬としてザモカルを服用することで、高血圧や糖尿病などの様々な生活習慣病の予防にもつながります。ザモカルは、ダイエット薬として人気の高いゼニカルのジェネリック医薬品で、イギリスのジマー・ファーマ社が製造しています。

治療が終了して服用を中止すると、ザモカルは吸収されずに体内に残るため、便中の脂肪量は48~72時間で治療前のレベルに戻ります。脂肪の吸収を効率的に抑えるため、肥満症の改善や肥満症の予防だけでなく、高血圧や糖尿病などの生活習慣病の予防にも効果があります。

脂肪が体内に吸収されると、栄養素として消化・分解されますが、その分解過程を担っているのが「リパーゼ」という特殊な酵素です。リパーゼは、脂肪分が体内に入ると大量に生成され、これが肥満の一因となります。

ザモカルの有効成分であるオルリスタットは、非常に厳しい基準を持つとされる米国食品医薬品局(FDA)の承認を得ており、効果と安全性の高い脂肪吸収抑制剤として認められています。日本でもダイエット用として承認されることが期待されています。