メダナボル10mg(メタンジエノン)

オキシポロン50mg(オキシメトロン)

 

 

 

 

 

アナボリックステロイドの解説(通販チャンプ)

アナボリックステロイド(筋肉増強剤)は海外から個人輸入するのが一般です。経口タイプのステロイドなら、オオサカ堂やオランダ屋などの大手サイトからネット通販で入手できます。メダナボル(ダイアナボル)・オキシポロン・アナドリン(アナバー)・ウィンゾロンなどのメジャーな商品なら全て通販で揃います。

メダナボルは、世界で最も有名な筋肉増強剤であるダイアナボルのジェネリック医薬品です。一流の芸能人やプロスポーツ選手が使用しており、通常では99%不可能な強力な筋肉を進化させることができる薬です。男性であれば、筋肉増強剤の乱用は避けるべきですが、副作用の少ない筋肉増強剤であり、薬理効果は通常、その人の秘密のテストステロン生成能力の範囲内にあります。

メダナボルの有効成分「メタンジエノン」のステロイドとしての実績は、以前は最古のステロイドと言われていましたが、最近ではまだまだ人気のある成分です。俳優が役作りのために身体を変化させる際にも使用されています。以前販売されていたダイアナボルのジェネリック版で、ダイアナボルと同様の効果を得ることができます。配合されている有効成分はメタンジエノンで、ダイアナボルに含まれる成分と同じです。

メダナボルの有効成分はメタンジエノンです。タンパク質の合成を促進し、筋肉のバルクを増大させます。その効果は、薬を飲まないときの10倍とも言われています。

オキシポロンは、筋肉のために作られた経口アナボリックステロイド薬です。再生不良性貧血、先天性再生不良性貧血、骨髄線維症などに良いとされています。テストステロンを直接体内に入れるわけではないので、血液中のアンドロゲンが急激に増えることによる副作用を抑えることができます。

オキシポロンの主成分であるオキシメトロンは、アナボリック(同化作用)といって、体内でテストステロンと同様の働きをし、体内のタンパク質合成を増加させる傾向があり、筋肉の成長と強化をサポートします。副作用の面では、本製品は17a-アルキル酸塩であるために肝毒性があり、肝臓が方向転換することが難しく、困難です。そのため、Rib.52DSのようなサプリメントで肝臓を保護することが推奨されています。

オキシポロンはアナボリックステロイドの筋肉増強剤で、経口で摂取できる筋肉増強剤の中では最も高価で影響力のあるものです。オキシポロンは、オキシメトロンを有効成分とする経口同化ステロイド薬(アナボリックステロイド)です。オキシポロンは、Lloyd’s Laboratories, Inc.によって製造・販売されています。この会社は、WHOのGMP(Good Manufacturing Practices)や米国のFDA(Food and Drug Administration)を遵守して製品を製造しているので、安心して体内に取り入れることができます。

アナドリンの主成分であるオキサンドロロンは、肝臓で筋肉を作るタンパク質の合成を促進します。比較的マイルドなアナボリックステロイドのため、女性のボディビルダーが使用することが多いです。また、オキシポロンやメダナボルより体への負担も少ないとされています。

副作用のリスクを軽減するために、低用量から始めて徐々に増量することができます。成人男性であれば2錠まで服用できますが、これは米国の事情によるものですので、私たち日本人にとっては1錠以下の服用にとどめておくことをお勧めします。