ノルバスク10mg

アムリップ10mg(ノルバスク・ジェネリック)

 

 

 

 

ノルバスクの解説(送料無料で配達)

高血圧対策のノルバスクは海外製品を個人輸入可能です。大手通販サイトのベストケンコー(BESTKENKO)では、ファイザー社の正規品と、インド製のジェネリックを販売中です。ベストケンコーでは送料無料で配達してくれるため、商品代金以外の余分なコストはかかりません。ファイザー社の先発薬でも1錠40円前後で通販できます。

ノルバスクは、高血圧症と狭心症を治療する薬です。有効成分は、カルシウム拮抗薬と呼ばれる薬剤の一種であるアムロジピンです。血管の収縮を抑制することで、高血圧を改善し、狭心症の発作を予防します。

軽・中等度または毎回の本態性高血圧症に対するノルバスクの味方率は85.8%(544件の発言のうち467件の高評価)です。一部では、高血圧治療におけるノルバスクの通常の使用量および容量は、1日1回2.5mgまたは5mgの錠剤と決定されています。高血圧は、高血糖が腎臓、網膜、神経の毛細血管を容易に損傷することを期待して、高血圧の軽度の場合でも積極的な治療が必要です。

高血圧の状態が繰り返されると、心臓、腎臓、脳の血管の血流が悪くなり、合併症を引き起こすことがあります。ノルバスクは、ジヒドロピリジン系に属するカルシウム拮抗薬です。狭心症や左心室肥大などの心疾患、蛋白尿のない慢性腎臓病、脳血管障害を合併した高血圧症の治療に積極的に用いられています。降圧剤はその作用機序によりいくつかのカテゴリーに色分けされており、ノルバスクはカルシウム拮抗剤のグループに属します。血管の働きとカルシウムイオンが血圧を上昇させる仕組みを利用したカルシウム拮抗薬です。

ノルバスクで血圧を下げると、心臓の息苦しい雰囲気も緩和されることから、狭心症などの逆鱗に触れた血管疾患による高血圧の治療によく用いられます。ノルバスクは、数ある血圧降下剤の中でも「カルシウム拮抗薬」に細分化されています。カルシウム拮抗薬は、現在でも降圧剤の中で最も主に使用され、配合されています。

ノルバスクの効果は、投薬後すぐに始まり、6~8時間かけて徐々にピークを迎えます。ピークの効果は徐々に減少しますが、有効成分のアムロジピンは血中崩壊時間が36時間と長いため、降圧効果はノルバスク服用後24時間まで持続します。

ノルバスクの錠剤は水を飲まなくても服用できますが、基本的な使い方や構造は毎日と同じです。また、ノルバスクは作用時間が長いため、1日1回の服用で済みます。作用時間が長く、1日1回の服用で済むことから、安全性が高く、高血圧治療薬として選ばれています。

高血圧症に対するノルバスクの有効性は、成人患者588名を対象とした臨床試験で証明・確立されています。被験者は、異常度に応じて3つのカテゴリーに色分けされました。その結果、高血圧症では544名が高評価をしました。ノルバスクはすべてのグループで80%以上の有効性を示しました。