クロミッド・ジェネリック(Klomen 50mg)

 

 

 

 

 

クロミッドの解説(通販エージェント)

クロメン(Klomen)はコミカルファーマ社が開発した排卵誘発剤で、「クロミッド」のジェネリック医薬品です。クロメンはオオサカ堂などの個人輸入代行サイトで最も人気があり、アナボリックステロイドのケア剤としても多くの男性が使用しています。

オオサカ堂なら正規品を安全に通販でき、10日前後の早い日数で国内まで配送してくれます。発送は日本郵便の国際書留郵便ですので、荷物追跡ができ安心です。クロメンを取り扱う個人輸入代行サイトはいくつかありますが、オオサカ堂が最速で届けてくれます。

無排卵障害の人のうち、70%以上の人がクロミッドを服用して排卵に成功したという報告があります。排卵誘発剤の有効成分であるクロミフェンはあまり効果がありませんが、排卵を調節する脳の一部である視床下部に何かを与えます。視床下部はGnRHというホルモンの分泌を促し、脳下垂体の卵胞刺激ホルモン(FSH)と黄体形成ホルモン(LH)の分泌を増加させます。

蛋白同化ステロイド(アナボリックステロイド)の使用は、ほぼ確実に体内の男性ホルモンの分泌のうるおいを低下させます。原則として、一定期間が経過すると、テストステロンのレベルは自然に通常のレベルに戻りますが、筋肉増強の効果も消えてしまいます。そのため、短期間で男性ホルモンの分泌量を正常に戻すために、クエン酸クロミフェンの使用を待つ人が多いのです。

初めてクロミフェンを排卵誘発剤として使用する場合は、半分にカットして1/2錠を1回の服用として使用することができます。成分100mgのクロミッドを半分にした場合は、50mgに調整していただきます。以前に排卵継続性のある薬を使用したことがあることがわかりますので、グレードの低い用量での結果に属している場合は、排卵誘発剤の用量を半分にして50mgに調整した方がいいでしょう。

クロミッドは、空白の排卵周期症候群や第1度ごとの無月経など、軽度から中等度と考えられる排卵障害の治療に適した排卵継続薬です。排卵障害の治療薬であるクロミッドのジェネリック医薬品であり、有効成分クロミフェンを100mg配合しています。脳下垂体に作用することで、FSH(排卵を促すホルモン)やLH(黄体形成ホルモン)の分泌を促し、卵胞を非常に大きく成長させます。

日本でも不妊治療に使われているお薬ですので、安心してお使いいただけます。排卵体温があれば、排卵障害の目安になりますし、生理不順であっても大丈夫です。不妊症(NO排卵周期性疾患)に悩む女性に、排卵化学反応剤として使用することができます。

クエン酸クロミフェンには、抗エストロゲン(抗女性ホルモン)作用があります。卵胞刺激ホルモン(FSH)と黄体形成ホルモン(LH)の分泌を促進し、卵巣を刺激して排卵を誘発します。クロミフェン製剤による排卵化学療法は、一般的に50mgの低用量から開始し、効果が見られない場合は最大容量の100mgまで増量します。クロミッドは100mgのクロミフェンを含むことで停止します。クロミッドは、過去にクロミフェン製剤で治療を受けたことがあり、最高量での治療を必要とする方に有用だとされています。