オエストロジェル(女性ホルモン製剤)

 

 

 

 

 

オエストロジェルの解説(通販チャレンジャー)

オエストロジェル(Oestro Gel)は女性ホルモン配合のジェルです。更年期症状の改善の他、ニキビや美肌のために使用される方も多いです。国内のドラックストアでは市販されておらず、オオサカ堂やオランダ屋などの海外通販サイトから個人輸入する必要があります。

オエストロジェルは、女性ホルモンを刺激することで更年期障害の症状を緩和する効果がある卵胞ホルモン薬です。オエストロジェルを使用することで、皮脂の多寡によるニキビの減少、皮膚の水分量を2倍にすることによる肌質の改善、男性ホルモンのコントロールによるムダ毛の減少などの効果が期待できます。

オエストロジェルは、内服薬と違いジェルタイプなので、飲み忘れがなく、気になった時に塗ることができ、塗り方によってホルモン量を調整できるので、毎回自分に合った量を使用することができます。オエストロジェルを塗布した後、血中の女性ホルモン濃度はゆっくりと上昇を始め、その後は1日中安定した力を発揮します。

更年期障害の緩和や女性の美容にも効果のあるオエストロジェルは、個人輸入代行で購入することができます。オエストロジェルは、動悸、頭痛、肩こり、寝つきの悪さ、のぼせ、発汗、めまい、腰痛、などの副作用があると言われています。個人輸入する際は問題の起きそうな副作用がないか事前にチェックしておきましょう。

更年期(閉経までの数年間のあらゆる時期)や、卵巣欠乏症などで卵巣の恩恵を受けられず、エストロゲンの分泌量が減少すると、心身にさまざまな不調が現れます。女性の更年期障害の症状(めまい、肩こり、不眠、動悸、倦怠感など)は、40歳を過ぎてからの女性ホルモンの減少が原因であり、エストロゲンジェルなどのホルモン剤で緩和することができます。

オエストロジェルは錠剤ではなく、人の皮膚に簡単に塗ることができ、血液中の濃度を高めて薄くすることができます。日本では、オエストロジェルに似た外用ゲル状のエストロゲン製剤があり、主に更年期障害のホルモン補充療法に使用されています。商標名は「ルエストロジェル」で、有効成分としてエストラジオールを配合しています。

女性ホルモンには「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類があります。これらの女性ホルモンは、周期的に体内で交互に分泌され、心と体の健康を守っていると考えられています。しかし、更年期になると女性ホルモンの分泌量は著しく減少します。オエストロジェルの有効成分である17β-エストラジオールは、高い生理活性を持つ天然のエストロゲンです。生理活性の高い天然のエストロゲンで、体内のエストロゲンを補充してホルモンバランスを整え、更年期障害などのエストロゲン減少による多くの症状を緩和します。

肩に塗るだけで血液中に義務的な量を補充することができる、シンプルで使いやすいホルモンジェルです。世界のほとんどの地域で、体内のエストロゲン量の減少によって引き起こされる更年期障害と呼ばれる様々な症状の治療に使用されています。