トリキュラー21(アンジュと同一成分のピル)

ヤスミン(ヤーズと同一成分のピル)

 

 

 

 

 

アンジュの解説(通販ソリューション)

日本で販売されているアンジュと同じ成分の低用量ピルは通販が可能で、その中で一番人気はトリキュラーです。トリキュラーの販売で有名なベストケンコー(BESTKENKO)では、1年分まとめ買いすると1ヶ月分が700円ほどのお買い得価格となります。送料無料で、届くまでの日数はおよそ10~15日ほどです。

アンジュは、世界で初めて開発された三相性低用量ピルです。三相性低用量ピルとは、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲストーゲン)の配合量が異なる3つの合計数のピルを服用する低用量ピルのことです。アンジュは、1サイクルで体内に取り込まれる女性ホルモンの配合量の大きさで、3つの型に分けられると考えられています。体内に取り込まれる順番には注意が必要ですが、自然なホルモンの分布に近いことを考えると、不正出血の副作用は起こりにくいと考えられます。

プラセボ錠(偽薬)を除くすべての第一期薬は、ホルモンの量が一定なので、28日周期でのホルモン容量の変化はありません。このように、第一期ピルはホルモン量が一定なので、28日周期でホルモン容量が変化することはありません。しかし、飲み間違いがあると効果が低下してしまいます。三相性に比べて不正出血の可能性が高くなると言われています。

黄体形成ホルモンと卵胞ホルモンの組み合わせは、妊娠を真似て、子宮内膜を変動させ、排卵を解いて、受精卵が着きにくくして有効にする口径の避妊薬です。アンジュは世界中で処方されている低用量ピルで、安全性も高です。しかし、いくつかの副作用が報告されているので事前にチェックしておきましょう。アンジュは三相性のピルなので、より自然な形での避妊を望む人には最適です。

トリキュラーは、避妊薬として人気の高いアンジュと同じ成分が配合されたピルです。有効成分としてエチニルエストラジオールとレボノルゲストレルを配合した低用量ピルです。赤・白・黄の錠剤を順番に服用することで、女性の生理的なホルモン動態に合わせた3段階の摂取方法で強力な避妊効果を発揮します。

アンジュは、むくみや吐き気、不正出血などの副作用が思ったよりもふわっと残ることから、女性の体質にとても優しい低用量ピルです。第2世代の三相性ピルで、ホルモン量の異なる3種類のピルを文書の順番通りに体内に取り込んでいきます。主な副作用は、吐き気、胸痛、頭痛、嘔吐、下腹部の痛みなどです。重大な副作用としては、海外では血栓の報告がありますが、これは血液が詰まって排出されやすくなるため、血管に固定された血液が詰まってしまうことを示しています。

アンジュを服用すると、自然な形でホルモン値が変化し、約100%の確率で避妊効果を得ることができます。一相性ピル(マーベロンなど、すべての錠剤が均一な成分の大きさ)に比べて服用方法に制限がありますが、月経周期に合わせて日々増加するホルモン量とのバランスを考えて作られているのがアンジュを服用するメリットです。激しい下痢や嘔吐がある場合は、薬が悪影響を及ぼす可能性があるため、他の避妊法と併用することが大切です。