バスピン10mg(バスパー・ジェネリック)

 

 

 

 

 

バスピンの解説(通販ソリューション)

バスピン(Buspin)はバスパーのジェネリック医薬品で、不安な気持ちを緩和する効果が期待できます。ベストケンコーやオオサカ堂などの個人輸入代行サイトで販売されており、1錠20円前後の比較的リーズナブルな商品です。輸入が規制されたデパス(エチラーム)の代替品としても人気があります。

バスピンは抗不安薬として開発されていましたが、うつ病を好転させる効果も報告されており、抗うつ剤や不眠症の方が睡眠導入剤(睡眠を取り入れる剤)として取り入れるケースが多いようです。バスピンが人気の理由は、今までのデパスなどの抗うつ剤に見られたとされる事故防止効果や、依存性、低靱性などが優れているからです。

有効成分ブスピロンを配合したバスピンは、服用すると抗不安作用を示すにもかかわらず、デパス錠などのような依存性がないため、多くの人に服用されています。また、パニック障害、うつ病、不安神経症、睡眠障害などの治療にも使用でき、副作用を抑えるために抗不安薬として使用することもできます。イライラすることが多い現代社会では、不安などの精神疾患を持つ多くの人が、抗うつ薬や抗不安薬を服用しています。そのような人にとっては、バスピンのようなお薬が助けとなることがあります。

バスピンの副作用については、従来の抗うつ剤に比べて憂慮すべきものではないと考えられています。思ったよりも使いやすい薬として人気のある抗うつ剤として、バスピンやバスパーはデパスの代わりの薬として人気となっています。不安症状やうつ症状、音の出る不眠症などに効果があります。不安な心理面を抑えるだけでなく、うつ病や不眠症にも効果があります。不安な感情が続き、人として自然をうまくコントロールできない方にお勧めです。

バスピンは使いやすいお薬ですが、副作用が出ることもありますので注意が必要です。報告されている副作用は、めまい、強制的な眠気、疲労感、頭痛などです。有効成分であるブスピロンは、セロトニン5-HT1A受容体作動薬であり、スクリーニングのような不安や抗うつ作用に関係する受容体を動かして作用します。ブスピロンはセロトニン5-HT1A受容体アゴニストであり、スクリーニングのように不安や抗うつ作用に関連する受容体を動かして作用します。

有効成分である塩酸ブスピロンは、脳内のセロトニンに作用し、その濃度を高めると考えられています。セロトニンが増えることで、不安やキツさを軽減しつつ、神経の交換物であるアドレナリンやドーパミンを発達させ、自然な眠りへと導きます。セロトニンは「幸せの瞬間ホルモン」とも呼ばれ、外部からの圧力や緊張を受けたときに活性化するノルアドレナリンやドーパミンを抑制する神経伝達物質です。自律神経のバランスを緩め、意気込みのレベルを落ち着かせます。

バスピンはインドのIntas Pharma, Inc.が開発した抗不安薬であり、バスパーのジェネリック医薬品に該当します。不整脈のベンゾジアゼピン系薬剤で、不安障害やうつ病に処方されることがありますが、睡眠を正す作用があるため、不眠症にも使用されています。日本では、バスピンは市販されておらず購入することはできませんが個人輸入という形式で手に入れることができます。抗不安薬として多くの人が個人輸入で購入していたデパス(エチラーム)は販売停止となりましたが、現在でも医療機関で処方してもらうことができます。