プロペシア28錠(EU版)

フィンペシア100錠(プロペシア・ジェネリック)

 

 

 

 

 

プロペシアの解説(通販 お薬ロイヤル)

AGA治療薬として知られるプロペシアはクリニックで処方してもらうと非常の高価です。コストを抑えて使用したい場合は、海外で販売されているプロペシアを個人輸入するのがおすすめです。オオサカ堂やベストケンコーでは、プロペシア正規品やフィンペシアなどのジェネリックも取り扱っています。

プロペシアは、世界で最も有名な男性型脱毛症の治療薬で、日本ではMSD株式会社(メルクの日本支社)が製造・販売しています。5αリダクターゼ阻害剤であり、脱毛症の治療薬です。

プロペシアは、効果を確認するために少なくとも3~6ヶ月間服用する必要があります。医学的に承認された初めての男性型脱毛症の治療薬です、日本でも専門のクリニックや皮膚科などで処方されています。プロペシアは優れたAGA治療薬として広く知られていますが、当初は前立腺肥大症や前立腺がんを治療するための抗アンドロゲン薬として開発されました。しかし、臨床試験でプロペシアを服用した男性に発毛・育毛効果が認められたことから、AGA治療薬として開発するための研究が行われ、完成に至りました。

有効成分のフィナステリドは、男性ホルモンであるDHTの生成に必要な5αリダクターゼを阻害することで、DHTの生成を抑制します。男性ホルモンは、男性らしい体つきや男性の性欲を維持する役割を果たしていますが、このDHTが髪の成長を止めてしまうのです。フィナステリドを含む医薬品は、一般用医薬品としての販売が認められていないため、日本のドラッグストアでは同様の医薬品を購入することはできません。

プロペシアは、抜け毛の原因となるホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)の成長を抑えます。テストステロンは抜け毛の原因にはなりませんが、5αリダクターゼという酵素と結びついてDHTに変性すると、AGAの原因となるホルモンとして作用します。5αリダクターゼという酵素は、男性ホルモンであるテストステロンを、より強力な男性ホルモンであるジヒドロテストステロンに変換します。男性型脱毛症は、この強力な男性ホルモンであるジヒドロテストステロンによって引き起こされます。

AGAは、発毛・育毛(ヘアサイクル)を妨げる男性ホルモン(DHT)が増加することで、前頭部や頭頂部の髪が徐々に薄くなっていく病気です。つまり、プロペシアの有効成分であるフィナステリドが、DHTの生成量を抑え、薄毛の原因となるヘアサイクルの乱れを改善することが臨床試験の結果からわかったのです。

プロペシアを服用する際には、いくつかの注意点があります。プロペシアの発毛促進効果は、あくまでも男性向けのものです。女性の薄毛には効果がないことが報告されています。女性が使えるのはミノキシジルという発毛剤のみで、これはリアップやロゲインに含まれる成分です。