ノキシジル(ミノキシジルタブレット)ボトルタイプ

ノキシジル(ミノキシジルタブレット)シートタイプ

 

 

 

 

 

ミノタブの解説(通販ショート)

「ミノタブ」とは「ミノキシジルタブレット」の略称のことで、錠剤タイプの発毛剤です。内服によって成分が直接吸収されるため、リアップやロゲインなどの塗るタイプのミノキシジル育毛剤よりも数倍の効果があるとされています。

ミノタブはオオサカ堂やJISA、アイドラッグストアーなどの個人輸入代行サイトから通販するのが一般的です。ノキシジル(Noxidil)という商品が一番人気で、1錠数十円の格安価格でご購入いただけます。5mgと10mgバージョンがあり、10mgの方を分割して服用される方が多いです。

ミノキシジルは、血行を促進して毛根を活性化し、発毛・育毛を促す効果があります。頭皮に塗布する外用剤よりも内服剤の方が効果が高く、毛根にまんべんなく作用して長時間作用するというメリットがあります。ミノキシジルの発毛効果は、23種類あるFGF(繊維芽細胞成長因子)の生成・拡大作用によるものと考えられており、その中には毛母細胞の分離・拡大を促進する作用を持つFGF-7(別称:発毛促進因子)も含まれています。ミノキシジルは、このFGF-7の生成を促進すると考えられています。

ミノキシジルには発毛・育毛効果があるのに対し、フィナステリドは脱毛抑制剤であるため、発毛・育毛効果のみを期待することはできません。ミノタブに欠かせないミノキシジルは、血管を発達させる効果があるので、飲むと血液の循環が良くなります。頭髪の毛細血管に血液が流れると、準備しなければならない栄養素も頭髪に行き渡り、最適な栄養素が髪の毛に届けられやすくなり、発毛・育毛効果が得られます。

ミノキシジルはAGAの治療薬としてFDA(米国食品医薬品局)に承認されていますので、安心してお使いいただけます。日本では外用剤(塗るタイプの育毛剤)が厚生労働省が承認され、リアップやリグロEX5などの製品が販売されています。ミノキシジルは高血圧治療薬であり、それに伴う副作用の心配もありません。

ミノキシジルは、毛根に直接作用して、細胞の成長やタンパク質の合成を促進することで発毛を促します。他の有名なAGA治療薬であるフィナステリド(プロペシア)やデュタステリド(ザガーロ)とは作用機序が異なり、これらの薬と同時に使用することができます。日本皮膚科学学会では、ミノキシジル・フィナステリド・デュタステリドを最も効果の高い成分だと報告しています。

男性型脱毛症の治療におけるミノキシジルタブレットのオーソドックスな容量は、有効成分として5mgです。ミノタブには2種類あります。5mg錠と10mg錠の2種類があり、どちらも錠剤に割って使用することを前提としています。5mgの成分量で効果が期待できるため、ミノタブ10mg錠を半分にして服用すると、5mg錠よりもコストパフォーマンスが高くなります。