ノバマックス500mg(サワシリン・ジェネリック)

 

 

 

 

 

サワシリンの解説(購入くすりロイヤル)

国内で販売されているサワシリン錠と同一成分を含む抗生物質は通販で購入可能です。一番人気はノバモックス(Novamox)という商品で、有効成分のアモキシシリンを500mg含みます。1錠あたり60~80円ほどで購入でき、非常にリーズナブルな価格設定となっています。

有効成分のアモキシシリンは、接触感染症の治療のためのペニシリン結合型抗生物質です。ペニシリン系抗生物質で、淋病や梅毒などの性感染症、皮膚炎、急性気管支炎、呼吸器系の接触感染症、耳鼻咽喉科系の接触感染症など、さまざまな接触感染症の治療に効果があります。適切な方法で服用する限り、重篤な副作用はないと言われています。

アモキシシリンを有効成分とするサワシリンは、気管支炎、気管支喘息、肺炎、咽頭炎、扁桃炎、中耳炎、膀胱炎、骨髄炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍など多くの適応症があります。メンタルヘルス、耳鼻咽喉科、消化器科など様々な分野で使用されています。

アモキシシリンのジェネリック薬であるノバモックス(Novamox)は、合成ペニシリンであるサワシリンのジェネリック医薬品です。有効成分としてアモキシシリンを500mg含有しています。インド有数の製薬メーカーであるシプラ社の製品で、個人輸入では最も人気のある商品です。

不治の病とされた梅毒は、医療の発展により早期発見で治る性感染症となりました。自分は梅毒とは無縁だと思っていても、接触感染は年々増加しており、アモキシシリンは口コミで治療薬として効果を発揮しています。1928年にペニシリンが発見されて以来、梅毒トレポネーマの個々の型でペニシリンをはじく能力を持つものは見つかっていません。ペニシリンに耐性のある梅毒トレポネーマは存在しないので、ペニシリンと結合した抗生物質であるノバモックスは、梅毒トレポネーマの寝返りに高い効果が期待できます。

念のため、初期の段階から緊急性の高い接触感染症の治療薬としてアモキシシリンを服用することをお勧めします。接触感染症でお悩みの方、二次感染を防ぎたい購入者の方、接触感染症治療薬の副作用に抵抗のある方にお勧めです。

有効成分である抗生物質のアモキシシリンは、細菌の細胞壁の合成を阻害することで殺菌作用を発揮します。また、もう一つの配合剤であるモーター施設ランネートカリウムは、細菌が産生するβ-convenient inchoateという抗生物質分解酵素を阻害することで、アモキシシリンの期限切れや分裂を防御します。

急性副鼻腔炎や急性中耳炎の治療方針において、サワシリンは最も推奨される選択薬であると言えます。これらの接触感染症に対するサワシリンの有用性は、中耳炎で81.5%、肺炎で85.3%、気管支炎で77.3%となっています。アモキシシリンは、D-aryanil-D-koryaninと非常によく似た働きをしますが、代わりにペニシリン結合タンパク質に結合することで、細胞の合成を阻害します。