ゾビラックス200mg(アシクロビル)

ゾビラックスクリーム

 

 

 

 

 

ゾビラックスの解説(通販リサーチ)

ゾビラックス(アシクロビル)は、ヘルペスや帯状疱疹を抑制するお薬です。ヘルペスなどは再発しやすいので、海外製品をネット通販で個人輸入される方が多いです。常備薬として自宅に保管しておけば、万が一の時でも安心です。ベストケンコーなどの通販サイトでは、錠剤とクリームタイプのゾビラックスを購入できます。

ゾビラックスは、単純ヘルペス1型(口唇ヘルペスなど)や性器ヘルペス、帯状疱疹の治療、造血幹細胞のリモデリングによる単純ヘルペスの発病や再発の抑制に効果があります。GSK(グラクソ・スミスクライン)社が創製したゾビラックスは、世界で最も広く使用されているヘルペスウイルスの治療薬であり、人類初の治療薬とも言われています。

単純ヘルペスウイルスは、伝染性の高いウイルスで、伝染性物質に直接接触していなくても、接触によって感染することがあります。何度も再発するヘルペスの場合、かゆみやヒリヒリ感と呼ばれる再発の兆候があった時点でゾビラックスを開始することで、疾患の異常発生を抑制することができます。

ゾビラックスは、ヘルペスウイルスに起因する単純ヘルペス(口唇・顔面ヘルペス、カポジ水痘様発疹)および水痘(水ぼうそう)帯状疱疹の治療に反映されます。再発した性器ヘルペスやヘルペスウイルスの過剰増殖に効果があり、症状の克服を助けます。ヘルペスウイルスを殺す薬ではなく、ヘルペスウイルスの増殖を防ぐ薬なので、ヘルペスウイルスが多かれ少なかれ増えてしまっている場合は、確実な効果を得ることができません。アシクロビルは、DNAを疑似体験することができます。

有効成分アシクロビルは、DNA複製の原因であるソース酸成分と非常によく似たメカニズムを持っており、細胞内に入ると誤ってDNAに取り込まれてしまいます。アシクロビルはDNAのコピーを可能にし、ウイルスは繁殖できなくなります。ゾビラックスは、帯状疱疹、口唇ヘルペス、性器ヘルペス、さらには水ぼうそうなどのヘルペスウイルス感染症の治療に成功しています。なお、アシクロビルは、人の細胞やDNAに悪影響を及ぼすことはありません。

世界中の多くの病院や診療所で処方されていることに加え、ゾビラックスはその副作用の少なさから多くの人に支持されています。ゾビラックスは、製薬会社グラクソ・スミスクライン社が販売している抗ウイルス剤です。ゾビラックスの有効成分はアシクロビルで、ウイルスの増殖を抑制する薬です。錠剤、顆粒剤、点滴剤があります。

有効成分アシクロビルを含有する抗ヘルペス薬で、単純ヘルペスや帯状疱疹に効果があります。ヘルペスウイルスは、感染した細胞と接触している表皮細胞で増殖し、ウイルスが流出すると近くの細胞を探して活動し、再び接触感染を起こします。早めの治療が大切ですので、ゾビラックスなどの抗ウイルス剤を個人輸入して常備されている方も多いです。