デュタボルブ(デュタステリド0.5mg)

 

 

 

アボダート(デュタステリド0.5mg)

 

 

 

 

 

デュタボルブの解説(通販ノワール)

デュタボルブはフィリピン製のザガーロジェネリックです。国内で販売されているザガーロと同じくデュタステリドを0.5mgが含まれているのに、1/5ほどの格安価格で入手できます。デュタボルブは最近人気急上昇中のジェネリックで、その品質の高さが評価されています。オオサカ堂やJISAでは送料無料で発送してくれ、さらにコストを抑えれます。

デュタボルブは抜け毛を防ぐだけでなく、発毛を促進する効果があることで知られています。ミノキシジルと併用することで、さらに発毛効果を高めることができます。発毛比率や太さの改善において、デュタボルブ(ザガーロ)はプロペシアよりも優れており、諦めずに長期間治療を続けることで、薄毛が徐々に改善されていきますので途中で服用をやめないよう注意してください。

プロペシアの有効成分であるフィナステリドは、Ⅱ型の5αリダクターゼにのみ作用しますが、デュタステリドはⅠ型とⅡ型の両方に効果があります。そのため、デュタボルブはプロペシアよりも強力な効果が期待できます。

デュタボルブは、ロイドラボラトリーズ社が製造しているAGA治療薬「ザガーロ」のジェネリック医薬品です。AGA(男性型脱毛症)の原因となる5αリダクターゼを強力に遮断し、抜け毛を減らしながら発毛を促進します。フィリピンはジェネリック医薬品に強い国ですし、デュタボルブを製造しているロイドラボラトリーズ社は、アメリカや香港にも職場がある大手製薬会社のため信頼できる製品だと言えます。

ザガーロは、2015年9月に日本の厚生労働省から承認されたAGA治療薬で、その有効性と安全性が認められています。ザガーロのジェネリックであるデュタボルブは、1箱30錠入りが3,000円という低価格格で購入することができ、1錠あたりの価格は100円強で、ザガーロよりもお求めやすい価格となっています。

デュタステリドは厚生労働省が医療用医薬品として生息している成分なので、ザガーロを入手するためには一度は医師の診察を受ける必要があります。海外製品であるデュタボルブにはそのような面倒な手続きは不要で、ネット通販のみで簡単に購入できます。

デュタボルブの用法・用量は1日1回で、食前・食後を問わず、いつでも服用可能できます。くれぐれも飲み忘れにはご注意ください。AGAクリニックでのAGA治療と個人輸入でのAGA治療を比較してみると、クリニックでは診察・査定の料金メニューがあります。そのため、割高になることが多いのです。個人輸入はすべて自己責任となりますが、値段は1/5ほどに抑えられます。

DHTとは、前立腺の肥大や男性型脱毛症(AGA)のプロセスに関与する男性ホルモンの一種です。DHTの生成を抑制することで、前立腺肥大症や男性型脱毛症の発症を効率的に抑制することができます。デュタボルブはこのDHTを強力にブロックする内服薬です。投薬によるAGA治療は、最低でも半年から1年は続けないと効果が出ませんので注意してください。

デュタボルブは、有効成分を血液中で濃くしたり薄くしたりするために、定期的に時間を変えて服用する必要があります。飲み忘れの少ない時間帯を決めることが重要で、食事の関与が起こりにくいため、食前または食後に服用するのがおすすめです。