バルトレックス500mg

バルクロビル500mg(バルトレックス・ジェネリック)

 

 

 

 

 

 

バルトレックスの解説(通販ショッパー)

抗生物質のバルトレックスは個人輸入することができ、ベストケンコーなどの大手サイトなら取り扱いも豊富です。グラクソ・スミスクライン社の先発品だけでなく、半額以下で購入できるジェネリックも多数あります。クレジットカードで決済すれば、バルトレックスの即日発送にも対応しています。

バルトレックスは、ヘルペスの原因となるウイルスのDNAの産生を阻害することで、ウイルスの繁殖を抑制し、症状の乱れを防ぐ働きがあります。また、ウイルスに含まれる酵素によって活性化され感染した細胞を標的にすることができます。性器ヘルペス、口唇ヘルペス、帯状疱疹、水が飲めないなどの治療薬です。

バルトレックスの投与量(成人の場合)は症状によって異なります。帯状疱疹の場合、1回2錠、1日3回の服用となります。単純ヘルペスの場合は、1回1錠、1日1回服用します。再発性性器ヘルペスの場合は、1日1回、1錠を服用します。主に単純ヘルペスの治療に使われることが多く、単純ヘルペスは一般的に「ヘルペス」と呼ばれる病気です。性器に発症した場合は性器ヘルペス、唇に発症した場合は口唇ヘルペスと呼ばれています。

有効成分のバラシクロビル塩酸塩は、接触感染した人の細胞内に突入し、ウイルスのDNAの複製を阻害することで、ヘルペスウイルスや水痘・帯状疱疹ウイルスの増殖を抑制します。アシクロビルは、ウイルスに感染した細胞にのみ作用するため、安全性が高く、ウイルスに感染していない細胞を傷つけることはありません。

バルトレックスには、バラシクロビル塩酸塩という有効成分が含まれており、体内でアシクロビルという抗ウイルス剤に変換され、ヘルペスウイルスの増殖を防ぐことができます。突然起きるヘルペスや帯状疱疹の治療だけでなく、何度も繰り返す性器ヘルペスの予防にも効果が期待されています。

ヘルペスといえばバルトレックスと言われるほど定番の抗ウイルス剤です。口唇ヘルペスや性器ヘルペスだけでなく、水疱瘡と呼ばれる多数のウイルス性疾患にも効果があります。ヘルペスの治療は早ければ早いほど効果があります。皮膚がヒリヒリしたり、チクチクするなどのヘルペスの兆候がある場合は、バルトレックスの服用を開始することをお勧めします。

ヘルペスに接触感染していても、それがヘルペスだとは知らず、「ニキビがひどくなっているだけだ」と思って放置している人もいます。しかし、放っておくと表皮が悪化し、ウイルスが顔に広がって帯状疱疹になる可能性があるので、早めに治療する必要があります。

国内のドラックストアなどで市販されておらず、医師の処方によって入手できるのですが、薬だけを手に入れるのは保険が効きません。そのため、1錠550円程度とかなり高額な薬となっています。しかし、個人輸入サイトから通販した場合は、1錠150円程度で手に入れることができます。