ゼニカル(オルリスタット120mg)

オルリファスト(ゼニカル・ジェネリック)

 

 

 

 

 

ゼニカルの解説(通販プログラム)

ゼニカルは、飲むだけで脂肪の吸収を抑えてくれるアイテムです。国内では販売されていないため、ベストケンコーやオオサカ堂などの海外通販サイトから個人輸入する必要があります。コストパフォーマンスに優れるジェネリックを購入される方も多いです。

売上高では世界トップレベルのダイエット薬で、脂肪の増加を抑制する薬です。脂肪を分離する酵素の動きを抑制し、食事で摂取した油分を30%カットします。痩身薬の中でも特に人気が高く、外来でも使用されています。42錠はデルファーム社、84錠はチェプラファーム社が製造しています。

ゼニカルは、不要な脂肪を便と一緒に排出するダイエット薬です。脂肪を消化吸収するには脂肪分解酵素であるリパーゼの助けが必要です。ゼニカルの成分であるオルリスタットは、このリパーゼの働きを阻害します。吸収されなかった脂肪は、便に混じって排出されます。米国では、臨床試験の結果、投与1年後に60%の患者が体重を5%減少させ、27%が10%減少させたという結果が出ており、米国食品医薬品局(FDA)から多数の承認を得ています。

抗肥満薬の中には、脳の中枢神経に直接作用して食べたい気持ちを抑える商品もありますが、その副作用は猛烈なものが多く、一部の過度に肥満な人に使用は限られています。ゼニカルは神経に作用するダイエット薬ではないので副作用は比較的マイルドで使いやすいとされています。副作用としては、脂肪便、水様便、体の痛み、頭痛、おならなどがあります。服用後、体調に異常を感じた場合は使用を中止し、医師や薬剤師に相談してください。

日本では、サノレックスというダイエット薬(食べ物への欲求を抑える薬)がよく知られていますが、ゼニカルはスイスのホフマン・ラ・ロシュ社が開発したもので、世界的にもより知名度の高い商品です。ゼニカルは、肥満の解消だけでなく、高血糖や高コレステロールの熟成にも効果が期待されています。ただし、ダイエット中は栄養素が不足しがちなので、ビタミン剤と一緒に摂取するとより効果的と考えられます。

ゼニカル以外のオルリスタット阻害剤は、日本でも肥満の治療薬として承認されています。また、高血圧、高コレステロール、高血糖の再構築薬としての使用も確立されています。ゼニカルを服用して普通の食事をしていれば、それだけで様々なダイエット効果が期待できます。ゼニカルは脂肪分の消化を阻害することでダイエットを容易にします。ダイエッターにリバウンドしにくい活力を与えてくれる薬として、世界中で利用されています。

ジェネリック医薬品とは、先発品と同じ働きをしますが、先発品よりも低価格で購入できる医薬品です。ゼニカルを安く購入したい場合は、ジェネリック医薬品を選択すると出費を抑えられます。ゼニカルを安い価格で試してみたいと感じている方には、オルリファストやオルリガルなどのゼニカルのジェネリック医薬品がおすすめです。