ロザチン5mg(クレストール)

ロザリップ5mg(クレストール)

 

 

 

 

 

クレストールの解説(くすりロイヤル 通販)

クレストールは、コレステロールを改善し血液が固まりやすくなるのを防ぐお薬です。有効成分としてロスバスタチンが配合されています。ベストケンコーなどから海外製品を個人輸入でき、ロザリップやロザチンといった商品が定番となっています。

脂質異常症とは、血液中の脂肪分の推定値が正常範囲から外れている状態全体を指し、異常が推定される脂肪質の種類によって、症状や柔軟な治療法が異なります。クレストールは主に、肝臓から血管に送られるコレステロールの医学的価値が正常範囲を超えている状態である高コレステロール血症の治療に使用されます。

クレストールは、第二世代のスタチン系薬剤で、脂質異常症の治療薬。強力なコレステロール低下作用を有するロスバスタチンを有効成分とする世界初の薬剤です。アストラゼネカ社が開発・販売しています。クレストールによる高コレステロール血症の治療では、服用開始時には2.5mg錠を容量として使用することが多いです。より強力なクレストール5mg錠は、主に平均的な容量では症状の改善が不十分な場合に使用され、また、早期の改善が必要な重度の症状の場合には、服用開始時から使用されることもあります。

クレストールは、動脈硬化の原因となる血中の不要なコレステロール(LDL-C)を節約する効果があります。肝臓から血管に送られるL-Cの割合が基準値を超えている高コレステロール血症の改善に効果があります。クレストールの注意点としては、まれに横紋筋融解症を引き起こす可能性があることです。

日本の医療機関でもクレストールの処方を受けることは可能です。ただし、日本では1錠20mgの大容量ではなく、1錠5mgのクレストールまでしか入手できません。ロザリップやロザチンなどの日本以外のジェネリック医薬品と同じ数のクレストール5mg錠を入手するためには、120錠の処方を受ける必要があります。

LDLというタンパク質は、血液中に過剰に受け取られると、動脈硬化につながるメタボリックシンドロームを引き起こす方向に向かうトリグリセリドを組み込んでいます。また、血中のLDL-Cを減少させるクレストールは、高コレステロール血症の方の内臓肥満の保護・改善にも有効です。米国の高コレステロール血症の顧客と欧州白人を対象とした臨床試験では、クレストールの血中脂質濃度は、5mgで71.1%、10mgで83.9%に達し、日本では高コレステロール血症に伴う動脈硬化の治療にはミッションクリティカルなレベルとされています。

一般的に成人は1日2.5mgから服用を開始しますが、コレステロールの結果を早期に下げる必要がある場合は5mgから服用を開始することもあります。クレストールの増減については、年齢や症状に応じて医師の理解が得られます。1日に許される最大投与量は20mgです。