ザイザル5mg

クレブロス(ザイザル・ジェネリック)

 

 

 

 

 

ザイザルの解説(通販イープラス)

ザイザルは日本ではまだ市販されていないため、海外製品を通販で個人輸入する必要があります。人気のジェネリックは「クレブロス」(Crebros)という商品で、ベストケンコーやオオサカ堂などから購入できます。1錠50~60円と比較的リーズナブルな価格となっています。

ザイザルは市販薬として認可されていないため、マツモトキヨシやウエルシアなどのドラッグストア(薬局)で購入することはできません。ネット通販で簡単に受け取るためには、日本以外の国から個人輸入する必要があります。

ザイザルは、有効成分であるレボセチリジン塩酸塩を配合しています。レボセチリジンは、セチリジンのより活性の高い成分を分離し、ヒスタミン受容体や組織に結合させます。強力な花粉症治療薬であることに加え、他の強力な花粉症治療薬に比べて眠気が少ない治療薬であるため、即効性のある優れた花粉症治療薬と言えます。

抗ヒスタミン剤の中では新しいお薬で、くしゃみや鼻水が出ていても、1錠摂取することで約24時間存在する強力な花粉症発作の抑制効果があります。ザイザルは、2001年にドイツで承認されて以来、米国やEUなど60カ国以上で承認されているアレルギー性疾患治療薬です。日本ではグラクソ・スミスクライン社(GSK)の医療用医薬品として販売されています。

第一世代の薬は、脳に移行して眠気を起こしやすいという問題がありますが、ザイザルのような第二世代の薬は、脳に影響せず、眠気を起こすこともほとんどないことが臨床試験で明らかになっています。ザイザルの有効成分であるレボセチリジンは、ジルテックの有効成分であるセチリジンの改善版です。成分は同じですが、比較できないほど眠気がでにくくなっています。

ヒスタミンは、ヒスタミンH1受容体に結合してアレルギー症状を引き起こす、体に負担をかける物質です。ザイザルの有効成分であるレボセチリジンは、ヒスタミンH1受容体に選択的に結合することで、ヒスタミンの作用を抑制し、その効果を発揮します。ザイザルは、有効成分としてレボセチリジン5mgを含有する抗アレルギー薬で、これまで普及していた抗アレルギー薬「ジルテック」を改良したものです。多面的なアレルギー疾患である花粉症の治療に広く使用され、導入されています。

花粉症の症状がある場合、アレグラでは沈静化できないほどの症状であっても、ザイザルなら鼻炎症状を改善することが可能です。。ザイザルは主に花粉症の発症に使われる薬ですが、ハウスダストによる通年性アレルギー性鼻炎や蕁麻疹、皮膚疾患などのアレルギー疾患にも使用できます。

1日1回、寝る前に体内に入れるだけという手軽さがザイザルの人気の秘密です。花粉症対策だけでなく、蕁麻疹、湿疹、皮膚炎にも効果があります。ザイザルが完全に効果を発揮するには4~5日かかるので、花粉症の場合は飛散量が増える前から服用開始することをお勧めします。