プロスパス(Prospas)

 

 

 

 

 

プロスパスの解説(Prospas)

プロバンサインのジェネリックであるプロスパス(Prospas)は、コストパフォーマンスが非常に優れています。最大手のオオサカ堂(大阪堂)なら1本2,300円(100錠入り)ほどで通販でき、これはプロバンサインの半額以下です。1,000件以上ものカスタマーレビューが投稿され、ほとんどの方が多汗症に対する効果に満足しています。

プロスパスは、体臭やワキガの原因となる汗を体内から改善する内服薬です。プロバンサインのジェネリック医薬品であり、有効成分プロパンテリンの働きにより、多汗症、夜尿症、腸炎、膀胱炎、胃・十二指腸潰瘍、などの治療に採用されています。発汗を抑える製品としては他にも様々なものがありますが、内服タイプはプロバンサインやプロスパスのみです。

プロスパスは、多汗症に対する即効性のある改善が期待できるお薬です。特に、手のひらや首の後ろ、顔、頭皮からの発汗に悩んでいる方が多いようです。汗で仕事に集中できない方、多汗のために人間関係を上手に築けない方にお勧めです。

プロスパスは、自律神経に作用する薬剤で、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、多汗症などの治療に用いられます。多汗症の薬として日本で承認されている「プロバンサイン」のジェネリック医薬品であり、皮膚科や内科でも多汗症治療薬として処方されています。営業トークや告白の場など、極度のプレッシャーがかかる場面で、頭や価格から滝のように汗をかく人や、通勤時の電車で席が取れずに周りや隣の汗かきが気になる方には、かなり期待できるのではないでしょうか。また、急激な発汗によるワキガ臭などの改善にも効果が期待できます。

プロスパスは、経口投与のお薬で、全身に効果があるため、デオドラント製品が塗布できない部位や全身の汗を抑えることが可能です。また、汗による菌の増加を防ぐことで、ワキガなどの体臭を改善することができます。

プロスパスは、多汗症治療薬として日本で承認されている「プロバンサイン」のジェネリック医薬品です。多汗症、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、夜尿症、遺尿症の治療薬として間違いない効果を発揮してくれます。汗の分泌を和らげる抗コリン作用と、膀胱の締め付けを防ぐ効能を考慮すると、プロスパスは多汗症の薬としてだけでなく、過活動膀胱の薬としても使用することができます。胃腸を緩めて消化器症状を改善する効果があり、また、膀胱の萎縮を抑制して頻尿を改善する有効性もあります。

プロスパス(プロバンサイン)は、1953年に誕生した歴史のある抗コリン薬です。抗コリン薬は、多汗症と過活動膀胱という2つの症状を見直すのに有効です。効果と副作用は真逆で、プロスパを服用していると抗コリン作用による喉の渇きや便秘などの副作用が現れることがあります。ジェネリック薬であるプロスパスは、プロバンサインと同じ有効性を持っているので、トータルコストが非常にお得でコストパフォーマンスに優れています。