プロバンサイン

プロスパス(ジェネリック)

 

 

 

 

 

プロバンサインの解説(通販ラウンジ)

プロバンサインには全身の汗を強力に抑える効果があり、多汗症対策のために通販で個人輸入する方が多いです。オオサカ堂(大阪堂)では1本100錠入りを5,000円ほどで販売しており、他社と比べて非常に安いです。全国送料無料で配送してくれます。夏場は在庫切れになることがあるので、早めのご注文をおすすめします。

プロバンサインは、臭化プロパンテリンを有効成分とする医薬品で、多汗症、夜尿症、胃・十二指腸潰瘍、高胃酸血症などの健康をとりもどす効果があります。特に多汗症に非常に有効な治療薬として注目され、全国の皮膚科学会で推奨されています。手のひらや顔、体全体に異常に汗をかく方は、プロバンサインを摂取することで多汗症の改善が期待できます。

プロバンサインの有効成分であるプロパンテリンは、前部交感神経系の交換物質であるアセチルコリンが受容体に結合するのを阻害し、前部交感神経系の持続性を抑制します。アセチルコリンを阻害することから、抗コリン薬と呼ばれています。交感神経のポインターはアドレナリンとノルアドレナリンであり、前部交感神経の命令はアセチルコリンという物体によって伝達されます。このアセチルコリンが前部交感神経から放出され、五臓六腑の受容体に作用して、胃や腸などを活動させます。

汗や胃酸、尿などの体液の分泌を抑えることで、健康に負担をかけることなく、多汗症や夜尿症などの症状を改善することができます。副作用として、目のかすみや眠気を感じることがあります。プロバンサイン錠を服用している場合は、高所作業や自家用車の運転など、注視が必要な機器の操作は避けた方がよいでしょう。

プロバンサインは、抗コリン性の医薬品です。消化管の消化運動は、前部交感神経系によって低下し、アセチルコリンと関係しています。アセチルコリンの即効性のある抗コリン作用により、消化管や胆管の痛みを伴う異常な痙攣も緩和します。痙攣や胴体痛などの痛みを和らげるほか、夜尿症や多汗症の治療にも用いられます。アセチルコリンを抑制して前部交感神経の興奮を抑え(抗コリン作用)、頸動脈の発汗を抑え、排尿を困難にする作用があります。

緑内障や前立腺肥大症の人は、抗コリン作用により病気が進行して失明したり、全く尿が出なくなったりすることがあるので、飲めません。腸閉塞や心臓病の方も飲むことができません。また、食べ過ぎや飲み過ぎによる胃や腸の不調、痛み、だるさなどの発症にプロバンサインを服用される方もいらっしゃいます。しかし、プロバンサインは膀胱や汗を分泌する汗腺にも強い影響を与えるため、最近では夜尿症や多量の汗をかく人が服用しています。

日本では1953年から販売されている伝統的な抗コリン薬です。古くから多くの人に愛用されており、ユニークな合成前交感神経遮断薬として世界的に知られています。病院では多汗症としての処方はあまりされないようで、海外製品を個人輸入する方が多いです。最近ではプロバンサインのジェネリック薬であるプロスパス(Prospas)を選択される方も多いです。