グルコバイ50mg(アカルボース)

 

 

 

 

 

アカルボースの解説(通販ワールド)

アカルボースは血糖値の降下に役立つ成分で、グルコバイという商品に含まれていることで有名です。糖尿病の症状緩和に使われるのが一般的ですが、最近では減量のために短期間服用する人も増えてきました。バイエル社の正規品をネット通販で個人輸入できます。

有効成分アカルボースの治療効果は、先発医薬品であるグルコバイの臨床試験で確認されています。成分量としては、1日300mgの服用で78.9%、1日150mgの服用で63.4%の改善率が確認されています。グルコバイを食前に服用することで、食後の急激な血糖値の上昇を抑え、糖の吸収を緩やかにします。また、糖の吸収を緩やかにすることで、糖が脂肪として蓄積されるのを防ぎます。

糖尿病は多くの場合、自覚症状がないまま進行します。症状が重くなったり、すでに合併症が発症していることも珍しくありません。自覚症状がなくても、日頃から血糖値をコントロールすることはとても大切です。バイエル薬品が開発・販売している糖尿病治療薬「グルコバイ」は、糖の吸収を穏やかにし、食後の血糖値の上昇を抑制する薬である。主成分のアカルボースは、厚生労働省の承認を受けた、α-グルコシダーゼ阻害剤です。

アカルボースは、食事中の糖分(炭水化物)の急激な吸収を阻害し、食事による血糖値の急激な上昇を抑制することから、糖尿病の治療薬として使用されています。アカルボースを含有するグルコバイは、糖質の消化に必要な消化酵素の働きを阻害することで、消化速度を低下させ、体内への吸収を抑制します。また、血糖値の上昇を抑えることで、インスリンの分泌を抑制します。そのため、食前に服用する必要があります。

グルコバイは、2型糖尿病の治療薬です。有効成分であるアカルボースは、ドイツのバイエル社が1990年に医薬品として承認した。アカルボースは、炭水化物の消化を阻害することで、血糖値の急激な上昇を抑える働きがあります。2~3ヵ月間の投与で食後血糖値の改善効果が不十分な場合は、より適切な治療法への変更を検討します。

食後血糖値のコントロールが十分に得られ、食事療法や運動療法、またはこれらの療法に加えて経口血糖降下剤やインスリン製剤を使用することが十分と判断される場合は、本剤の投与を中止し、患者の経過を観察します。グルコバイは、運動療法、食生活の改善、インスリン投与や血糖降下剤の使用で治療効果が得られない場合にのみ使用してください。

アカルボースの血糖降下作用は穏やかであるため、糖尿病の治療では他の血糖降下剤と併用されることが多いです。小腸の粘膜に存在する、砂糖や炭水化物をブドウ糖に分解する酵素であるα-グルコシダーゼに作用して効果を発揮します。