トリキュラー21(低用量ピル)

アイピル(アフターピル)

 

 

 

 

 

ピルの解説(クスリロイヤル 通販)

低用量ピルはネット通販で購入でき、手軽なことから若い女性を中心に利用者が増加傾向にあります。トリキュラー(アンジュ)やマーベロンなどの定番商品に加え、ヤスミンなど新世代のピルも個人輸入可能です。ベストケンコーやオオサカ堂では、成分鑑定済みのピルを10~15日ほどで配送してくれます。

トリキュラー21は、世界で最も有名な低用量ピル(経口避妊薬)です。低用量ピルは、女性が自分で妊娠・出産を防ぐことができる女性ホルモン製剤で、低用量ピルを正しく服用すれば避妊率はほぼ100%です。

ヤスミンは、バイエル社が開発した第4世代低用量ピルという最新ジャンルの商品です。体内の天然黄体ホルモンに近い成分を使用しているため、従来のピルに比べてホルモンの変化による体重増加やむくみが起こりにくくなっています。

ピルは、ホルモンバランスの乱れによるニキビや肌荒れ、更年期障害などの改善のほか、骨粗鬆症の予防や生え際の見直しにも効果があります。一番人気のトリキュラーは三相性のお薬です。トリキュラーは三相性の低用量ピルで、1つの剤形の中に3種類の異なるレベルのホルモンが含まれており、排卵周期をコントロールすることができます。

トリキュラーEDは、ドイツの大手製薬会社であるバイエル社が創製・開発した、エチニルエストラジオールとレボノルゲストレルを主成分とする避妊薬です。過去1年間に様々な避妊法を使用した女性のパーセンテージ(妊娠確率)を調べたところ、コンドームは2%、ピルは0.3%でした。ピルは、飲み方、覚え方、使い方が正しければ、避妊手術に匹敵するほどの極めて有効な避妊法です。

「マーベロン21」と「マーベロンED28」は同じ成分の低用量ピルで、「マーベロンED28」は21錠にプラセボ錠7錠を加えた計28錠となっています。プラセボ錠の目的は、薬の飲み忘れを防ぐためです。ピルを飲むと妊娠できなくなるのではないかと心配される方もいらっしゃると思いますが、マーベロンを服用しても将来の妊娠を妨げることはありません。ピルの服用を中止すると、約2ヶ月後に生理が帰ってきますので、その後は妊娠できる可能性があります。

ヤスミンは超低用量ピルですが、絶対的な避妊効果に加えて、非常に大きな役割が期待できます。避妊目的以外にも、卵巣嚢腫の治療やニキビの治療・保護のために服用することが推奨されています。

トリキュラーは、ドイツの大手店舗型製薬会社であるバイエル薬品が開発した低用量ピルです。ホルモン量を3段階で増加させるヒト用低用量ピルで、生理的なホルモンバランスの調整に報いるように作られていることを期待して、服用中の不正出血の発生率が低いのが特徴です。また、外部から女性ホルモンを補うことで、自然な月経のターンオーバーを整える効果があります。また、低用量ピルで無数に発生しがちなニキビの副作用に悩む女性にもお勧めです。