フロモン(フルオロメトロン0.1%点眼液)

 

 

 

 

 

フルオロメトロンの解説(通販エージェント)

フルオロメトロンは点眼液(目薬)に使われる成分で、目の痒みや炎症、結膜炎などに有効です。フロモン(Flomon)という海外製品を通販でき、1本800円のリーズナブルな価格となっています。

フルオロメトロンの利点としては、白濁した懸濁液であることと、目の手術後に成分が目頭に長時間留まりやすいことで、炎症を抑える効果が高いことが挙げられます。主に目の炎症による腫れやかゆみを抑えたり、結膜炎、角膜炎、ぶどう膜炎、目の手術後の炎症予防やアレルギー症状の改善に使用されます。

フロモントの有効成分であるフロロメトロンは、ステロイド化合物としても知られており、強力な抗炎症作用を持っています。眼球下の黄体ホルモンであるリポコルチンの合成を促進し、炎症を抑えて生き生きとした目に導きます。リポコルチンは、眼球に酸素や酵素を届け、炎症を誘発する物質から眼球を守る巨大な物質です。

フルメトロン点眼液は、抗アレルギー作用と抗炎症作用を持つステロイド成分を配合した職場用点眼液です。フルメトロン点眼液は、抗アレルギー作用と抗炎症作用があります。5分程度、目を閉じておくと効果的です。まばたきをすると点眼薬がなくなってしまうので、しばらくはまばたきをしないようにしましょう。

裸眼のステロイド剤よりもスピーディーに細分化する目的で、目に入れることで短時間で炎症を和らげることができ、眼圧上昇などの副作用も少ないとは言えないほど限定的であるため、多くの医療機関で積極的に使用されています。また、人間の目の中では涙と同じくらい中性なので、瞳孔の動きに圧迫感や違和感がありません。

日本では、わかもと製薬の「ピトス点眼液」、参天製薬の「メトロン」というファミリーネームで販売されています。抗炎症作用があるため、圧迫感のある症状を軽減する効果が高いことがわかっています。この成分を含む点眼薬は、日本では1975年から使用されており、現在も広範囲の眼瞼疾患に使用されているため、有効性と安全性が高いと考えられます。

フロロメトロンを1%配合していますが、これは日本でしばらく前から承認されている最高濃度であり、強い抗炎症作用が期待できます。
効果が高く、副作用の少ない点眼薬ですので、ジェネリックの「フロモン」は安心してお使いいただけます。ただし、長時間の使用は副作用を引き起こす可能性がありますので、長期の使用は避けてください。なお、フルオロメトロンは、眼科用製剤に使われる他のステロイド剤に比べて、副作用が少ないことがわかっています。