レボフレックス250mg(クラビット・ジェネリック)

エルクイン500mg(クラビット・ジェネリック)

レボクイン500mg(クラビット・ジェネリック)

 

 

 

 

 

クラビットの解説(通販 グランパ)

クラビットのジェネリック薬は海外通販で購入でき、レボフロックスやレボクイン、エルクインなどが有名です。1錠30円前後で購入でき、ベストケンコーやオオサカ堂、くすりエクスプレスなどの大手サイトなら国内へ10日前後で届けてくれます。もちろん送料は全国無料です。

クラビットの有効成分は「レボフロキサシン」です。ニューキノロン系と呼ばれるクラスの抗生物質に属しています。クラビットは、副作用がなく、アルコールとの併用もしやすいため、多くの人に支持されている薬です。性器クラミジアの治療に1日1回、7日間服用します。

クラビットは、細菌の増殖に必要な源酸の生成を阻害することで、細胞を倒します。マクロライド系抗生物質に比べて苦味が少ないため服用しやすく、また1日1回の服用で強力な効果を発揮します。また、クラビットは、ペニシリンにアレルギーのあるお客様でも使用できる、安全な抗生物質としても知られています。

クラビットの有効成分であるレボフロキサシンは、細菌のDNA複製を妨害する殺菌作用とも言える抗菌作用を持っています。レボフロキサシンは、DNAが造形される際に作用するDNAジャイレースとトポイソメラーゼという2つの酵素を阻害します。病気の原因となる細菌を殺し、治療効果を明らかにするニューキノロン系抗生物質です。

有効成分レボフロキサシンは、DNAジャイレース(DNA複製を促進する酵素)の活性を抑制することで作用します。この酵素の不活性化により、細菌を増殖させるタンパク質の合成が阻害され、殺菌作用を発揮します。細菌内で細菌のDNAの成形に関与する酵素であるDNAジャイレースとDNAトポイソメラーゼを阻害し、DNAの合成を阻害することで、細菌の増殖を阻止し、殺菌効果を発揮します。

先発品のクラビットは、国内の性接触感染者数が軽視できないクラミジアや淋病の治療に使用されています。また、肺炎、急性細菌性副鼻腔炎、慢性前立腺炎、尿路感染症、赤痢、アクネ菌などの細菌感染症の治療にも使用されています。排尿を控えたり、必要に迫られてトイレに行ったり、子供の世話をしたりすることで毒素が溜まり、膀胱内に細菌が増えて女性に起こりうる腎盂腎炎の治療にも使用できます。

女性の8割が罹患しているといわれるクラミジア感染症にも効果があり、クラビットジェネリックを使用することで痛みや炎症を抑えることができます。

インドのジェネリック産業は、個性的で贅沢なジェネリック医薬品を低価格で製造することができます。このように、インドのジェネリック医薬品は、日本でも人気があります。クラビットもインドのジェネリックが主流で、レボフロックスやレボクインなどの商品が個人輸入できます。忙しくてクリニックに行けない、恥ずかしくて行けないという購入者には、クラビットのジェネリックが輸入できるのでおすすめです。クラビットのジェネリック医薬品なので、リーズナブルで安全に使えるというメリットがあります。