ツゲイン15(ミノキシジル15%)

ツゲイン5(ミノキシジル5%)

ツゲイン2(ミノキシジル2%)

 

 

 

 

 

ツゲインの解説(通販ショッパー)

ツゲイン(Tugain)は、インド大手のシプラ社が製造するミノキシジル配合育毛剤。フィンペシアと同じ製造メーカーのため、信頼性の高い商品です。ベストケンコーで販売されるツゲインは成分鑑定が実施されているため偽物の心配はなく、業界最安水準で通販可能です。

ツゲインは、ミノキシジルの成分濃度が異なる3種類あります。男性用の5%と10%、男女兼用の2%の3つの商品が個人輸入できます。AGA疾患の男性には、ツゲイン5%もしくは10%が最適です。ツゲイン5%と10%は、臨床試験で投与されたミノキシジルと同じ配合の健全性を持ち、臨床試験と同様の発毛効果が期待できます。効能と副作用のバランスがとれたシンプルな育毛剤で、髪の少なさが気になり始めた男性の最初の治療として最適です。

ミノキシジルは元々、高血圧治療用の内服薬として誕生しました。しかし、発毛・育毛効果があることがわかり、現在では主に外用薬として低毛症の治療に使われています。ツゲイン10%(ツゲイン10)は、育毛剤「リアップ」「ロゲイン」のジェネリック医薬品です。有効成分ミノキシジルが10%配合されており、通常のリアップの10倍の量です。ジェネリック医薬品なので量も手頃で、希釈して使うことも可能です。

ツゲインのメリットは、他のミノキシジル系育毛剤と同様に、4ヶ月~6ヶ月で発毛効果が実感できることです。ミノキシジルを有効成分としており、日本ではCMで有名なリアップと同じタイプの育毛剤ですが、アメリカではロゲインというタイトルで販売されており、ツゲインはロゲインのジェネリック版となっています。

ベストケンコーが販売しているツゲイン10%(ミノキシジル10%)は、香港のSTC(Standards and Testing Centre)で安全性と有効性が確認されています。臨床試験では、ミノキシジルを5%投与したところ、4週間後に軽度の髪の毛が生えなくなりました。24週間(6ヶ月)後には、90%以上のお客様に髪の毛の生え際の悪さが再発しました。

多くの研究により、ミノキシジルが脱毛症に有効であることが示されていますが、ミノキシジルが発毛を促進するメカニズムはまだ解明されていません。ミノキシジルの血管成長作用により血流が増加し、毛髪を生産する細胞(毛母細胞)が活性化すると考えられています。

かつて医療現場では、ミノキシジルには血管を強くする作用があることから、高血圧を治療するための降圧剤として使用されてきました。しかし、1980年代に入り、ミノキシジルは偶然にも頭皮の毛乳頭細胞の実行を活性化させる働きがあることから、育毛剤として広く知られるようになり、紹介されるようになりました。

ツゲインは女性でも使用できる2%、標準的な濃度の5%、市販されているリアップ系よりも高濃度の10%の3種類から選ぶことができます。60mlの混合液の場合、1日1回、それぞれ1mlをスプレーやスポイトのアプリケーターを使って使用し、1日30回(約1ヶ月に1回)の使用が可能です。