アボダート(ザガーロ・ジェネリック)

デュタボルブ(ザガーロジェネリック)

 

 

 

 

 

ザガーロの解説【通販ボックス】

ザガーロはデュタステリドを有効成分とする男性の薄毛治療薬です。国内のクリニックの価格は非常に高いため、オオサカ堂などの個人輸入代行サイトから海外ジェネリックを通販する人が多いです。アボダート・デュタス・デュタボルブ・ベルトリドなどの商品が人気です。

アボダートはAGA(男性型脱毛症)治療薬で、従来のフィナステリド内服薬よりも男性ホルモンを抑制する効果の高い成分が含まれているため、世界中の多くの人から支持されています。ザガーロは海外製の信頼性の高いジェネリック医薬品なので、AGAの壁にぶつかった男性にとっては大きな評価ポイントになります。

ザガーロはアルコールの影響を受けずにうすく、アルコールと一緒に服用することができますが、服用する際にはアルコールではなく水と一緒に服用した方が安全です。ただし、血圧に影響しやすい薬なので、降圧作用のあるグレープフルーツは避けてください。カクテルやお酒にグレープフルーツが含まれるバアいも、ザガーロとの同時使用は避けてください。

ザガーロを2年間服用した結果、最大で2.2mlの尿流量量の増加が見られました。プラセボを使用した場合の最大プラスの尿流量量は0.7mlでした。この記録は、アボダートが前立腺を縮小し、排尿障害などの症状を改善する効果があることを示しています。

アボダートは、グラクソ・スミスクライン社(GSKファーマ)が英国で販売している医薬品で、前立腺肥大症(BPH)の治療薬に加え、デュタステリドを主成分とするザガーロのバリエーションのAGA治療薬として使用されていました。デュタボルブ」は、ロイズラボラトリーズ社が製造するAGA治療薬「ザガーロ」のジェネリック医薬品です。AGA(男性型脱毛症)の原因である5αリダクターゼを強力に阻害し、抜け毛の順番を抑えながら発毛を促進します。

日本では、2009年からデュタステリドを含む「アボルブ」が前立腺肥大症の治療薬として使用されており、2016年からはデュタステリドを含むがブランドが異なる「ザガーロ」として男性の男性型脱毛症(AGA)に使用されています。デュタステリドは、フィナステリド(プロペシア)では治療できない、I型5αリダクターゼによるAGAに有効な効果を発揮します。

デュタステリドは、肥大した前立腺を縮小させることで、頻尿、排尿困難、残尿感などの排尿障害を改善する効果があります。副作用として、髪の毛や抜け毛が少なくなる男性型脱毛症を抑制し、AGAの経路を遮断する効果もあります。

日本表皮科学会が策定した「男性型脱毛症・女性型脱毛症の治療に関するガイドライン」(2017年版)では、AGA(Androgenetic Alopecia)に対するプロペシアやザガーロなどのAGA治療薬の投与は、「Backup Opportunity Every A」とされており、Aは「強く推奨する」というレベルで、ガイドラインでは最初の治療法として取り入れられています。

デュタボルブの有効成分であるデュタステリドは、AGAの原因となる5αリダクターゼの働きを阻害することで、ヘアサイクルを正常化し、発毛を定着させる作用があります。デュタステリドは、脱毛の原因となる2つの酵素群への効果を狙っており、その発毛効果は非常に高いものとなっています。