ウゲイン5%(ミノキシジル育毛剤)

ウゲイン10mg(ミノキシジルタブレット)

 

 

 

 

 

ウゲイン10mgの解説

ウゲインは、インドのSAVA社が開発した最新のミノキシジル育毛剤です。成分濃度が5%と10%の外用剤(塗るタイプの育毛剤)と、成分量が10mgの内服薬(ミノキシジルタブレット)の3種類あり、AGA治療の目標に応じて使い分けることができます。

外用剤・内服薬ともに値段が非常に安く、継続して使用するのに最適のミノキシジルです。ウゲインのようなミノキシジル製品の効果があらわれるには3~4ヶ月ほど必要ですので、コストパフォーマンスの高いものを使うよう推奨されています。

ウゲインは、リアップ(ロゲイン)のジェネリック医薬品として大変人気があります。しかし、有効成分のミノキシジルが効いても、AGAは発毛への即効性がないということです。この原理は、頭皮の血流を良くすることによる血行促進です。ウゲインやプロペシアなどのAGA治療用の内服薬と同様に薄毛を改善する効果が期待できます。

ロゲイン・ジェネリック10%(ミノキシジル)だけでなく、ロゲイン・ジェネリック(ミノキシジル外用液10%)も併用してみてはいかがでしょうか。ロゲイン・ジェネリック(ミノキシジル外用液10%)は、有名な脱毛症治療薬とは違いますが、どちらも毛母細胞の働きが活性化して頭皮に影響を与える結果となります。男性型脱毛症の治療薬であるリアップシリーズの強化型ジェネリックで、リアップ(ロゲイン)の発毛効果があると言われています。継続して使用するようにしてください。その後、抜け毛や薄毛などの症状が現れ、AGA(若ハゲ)に悩むAGA治療薬として研究を開始しました。その研究結果をもとに、発毛促進効果が強く出るまで使用することを推奨するAランク(行うことを強く推奨する)があります。

ウゲインはまず、ジヒドロテストステロンが生成される頭皮の毛細血管を拡張します。また、フィナステリドとデュタステリドはメカニズムが異なり、毛細血管を拡張して血行を良くするために服用するタイプの薬で、「発毛を強烈に促進し、髪の毛がスクスクと育つ」というものです。細かい効果は期待できないので、必要な皮脂を残す程度に洗浄力をコントロールしたノンシリコンシャンプーに切り替えるとよいでしょう。また、シャンプーには育毛成分であるミノキシジルが多量に含まれていることが望ましいです。

有効成分ミノキシジルを使用するようにジェネリック化されているのもそのためです。皆さんがよく知っている名前についても、ミノキシジル以外のヘアケアは同様に重要で、リアップX5の有効成分はそれと同じです。全年齢平均で安価に購入できるリアップ(ロゲイン)と同じ成分であるミノキシジルは、体内から作用するため、育毛・発毛の高い効果は同じです。ミノキシジルは、AGA(男性型脱毛症)と言われる成分です。UgainはAGA、男性型脱毛症の治療薬として外用薬としてのみ認可されており、大正製薬の「リアップX5」と同じ内容です。また、髪の毛の成長を促すシグナルの役割も担っています。内服薬(ミノキシジルタブレット)でなく、外用薬からウゲインを使用することが推奨されています。