クラリチンジェネリック10mg

 

 

 

 

 

クラリチンの解説(通販ボックス)

クラリチンは、ロラタジンという成分が含まれる抗ヒスタミン剤です。花粉症やハウスダストなどによる、くしゃみや鼻水、目の痒みといったアレルギー症状を抑えてくれるお薬です。抗ヒスタミン剤の中ではミドルクラスの効能があり、副作用が非常に少ないという特徴があります。

アレルギー性鼻炎に加え、ダニやハウスダストによるくしゃみや鼻水を抑えるために投与しなければならないケミカルメディエーターの放出を抑制するため、花粉が飛び始める前から使用することで副作用を軽減することができる最もポピュラーな薬です。クラリチンは、花粉症やハウスダストなどによる目の痒みやくしゃみ、アレルギー性鼻炎、じんましん、皮膚疾患などの治療のために服用します。なお、メルク・シャープ・アンド・ドーム社は本製品の製造・販売を終了します。クラリチンは、花粉症の薬として通信販売で購入されて以来、全世界で4億人以上の方に使用されています。

クラリチンは、ザイザルやアレグラなどの強力な抗ヒスタミン剤と比較して、ヒスタミン自体の結合を阻害することで抗アレルギー作用を示します。主な副作用として、腹痛、発疹、眠気などが報告されています。クラリチンやアレグラといった第二世代の抗ヒスタミン薬は、スギやヒノキと一緒に服用することもできますが、脳に作用するため眠気などの副作用はなく、大人や子供どちらの症状も軽減します。

抗ヒスタミン剤に比べて、くしゃみや鼻水などで悪化することがあります。クラリチンを正しく適切に服用すると、アレルギー症状が緩和され、くしゃみや目のかゆみなどが大幅に軽減されることになります。クラリチンには、くしゃみや鼻水などの副作用はほとんどありません。第一世代と第二世代の抗ヒスタミン薬の違いは、第一世代はヒスタミンのみに対して効果を発揮するのに数日かかる場合があることです。ロリータと呼ばれる緩いアレルギー症状の治療をブロックすることによって、鼻水やくしゃみなどの症状を引き起こす成分の働きを抑制する薬となっています。クラリチンは、ほこりやダニなどによる通年性のアレルギー性鼻炎、かゆみや蕁麻疹、アトピー性皮膚炎などのアレルギー性鼻炎、じんましんやアトピー性皮膚炎などの季節性アレルギー性鼻炎、蕁麻疹などの皮膚疾患(湿疹やじんましんなど)の症状を緩和する効果はありません。花粉症が流行する季節にお勧めします。

軽度の花粉症に悩む方はクラリチン10mg錠を服用することが多いです。そのような幸せな気分を乱すことでアレルギー症状を緩和することができますので、医師の診察を受けてください。なるべく早い時期に飲み始めるようにしています。また、アトピー性皮膚炎、通年性アレルギー性鼻炎、蕁麻疹(じんましん)などの抗アレルギー薬は、アレルギー症状を引き起こす原因となる物質であるヒスタミンに作用するだけでなく、効果が長時間持続して穏やかに作用するものが多いので、そのような薬もあります。