ヤスミン(ヤーズ配合錠)

 

 

 

 

 

ヤスミンの解説(通販ソーシング)

ヤスミンは第4世代の低用量ピルで、適切に服用することで高い避妊効果が得られます。避妊だけでなく、PMSや月経困難症、ニキビなどの症状を緩らげる効果も期待できます。

ヤスミンは避妊だけでなく月経困難症の緩和にも効果があり、本製品はバイエル・シェリング社が製造・販売しています。ヤスミンは超低用量ピルです。ヤスミンの女性ホルモン量は3mg以下にコントロールされており、受精卵が着床しにくくなります。ドイツに本社を置くバイエル社が実施した臨床試験において、ロルカセリンは、黄体形成ホルモンに近いドロスピレノンと、卵胞エチニルエストラジオールを0.03mg含む黄体形成ホルモン(ドロスピレノン)に作用し、女性の経口避妊薬となることがわかりました。1期21錠で構成されています。

超低用量ピルは、頻発しがちなニキビの副作用が少ないため、人気の高い避妊効果だけでなく、月経困難症や更年期障害の予防にも効果が期待されています。長く購入できない。初めての方やそれ以下の方の服用ルールがないため、単純にピルを服用するだけで、ホルモン含有量はドロスピレノン3mg、エチニルエストラジオール(EE)0.03mgとなり、バイエル社が開発した低用量ピルと比較して1周期を通して同じ含有量です。避妊効果が期待できます。

ヤスミンの場合は、ドイツに本社を置くバイエル社が製造・販売しています。低用量ピルを飲んで体重が増えるのはヤスミンです。避妊以外では、月経痛時の症状です。ホルモンの内容は統一されています。超低用量ピルで頻発しがちなニキビの治療や予防のためにヤスミンを服用することで、更年期障害や月経期間を安定させ、月経痛の原因となります。PMS(月経前症候群)を改善し、月経周期を安定させる効果があります。海外製の低用量ピルで、脳下垂体に作用するため、増殖しないのが特徴です。副作用のリスクが低く、肌荒れも起こりにくいと言われています。

ヤスミンは、有効成分であるドロスピレノンの薬理作用に基づき、2000年に承認されました。ホルモンバランスの変化によって成立します。効果としては、低用量ピルに比べて副作用が少ないので、副作用として症状が軽くなります。そのため、低用量ピルとなっています。何日までは何色の錠剤でも良いという方には、21錠タイプの最新の第4世代低用量ピルです。排卵抑制効果により卵巣や子宮を休ませ、ホルモンバランスを調整することで更年期障害を改善した方にお勧めの薬です。

本薬は、排卵周期をコントロールし、体内に補充することで卵胞の成長を抑制します。また、子宮内膜を抑制するので、生理痛)、PMS(月経前症候群(PMS)、月経不順、ニキビ予防の改善にも効果があります。日常生活をより快適に過ごすためのピルです。ヤスミンの一般名は、ドロスピレノン/エチニルエストラジオールで、排卵を促すアンドロゲン作用がありません。そのため、体重増加やむくみ、ニキビなどの副作用が少ない経口避妊薬だけでなく、ヤスミンの後に登場した最新の第4世代ピルが経口避妊薬となります。