フィナロイド(プロスカー・ジェネリック)

 

 

 

 

 

フィナロイドの解説(通販ヘルパー)

フィナロイド(Finalloyd)は、大手製薬メーカーであるロイドラボラトリーズ社が製造するプロペシアのジェネリック薬です。有効成分としてフィナステリド1mgを含み、男性型脱毛症(AGA)を改善する効果が期待されます。

フィナロイドはフィンペシアなど他のジェネリックより値段が安く、日本では2018年頃から人気が急上昇し、今では定番のプロペシアジェネリックとなっています。

フィナロイドとフィンペシアの販売価格の比較

個人輸入で最大手のオオサカ堂でのフィナロイドとフィンペシアの価格を比較した結果は下記の通りです。

30錠 100錠 200錠
フィナロイド 2,145円 3,001円 5,068円
フィンペシア 2,256円 3,145円 5,346円

1箱100錠入のフィナロイドは3,000円ほどで販売されており、1錠あたりたったの30円の費用で済みます。フィンペシアも十分安いのですが、フィナロイドはそれを上回るコストパフォーマンスです。

100錠入りのフィナロイドを2箱購入すると、1錠25円となりさらにお得になります。1錠25円なら1ヶ月分で750円です。

有効成分フィナステリドの成分量はどちらも1mgですので、効果に差はありません。

オオサカ堂には1,300件以上もフィナロイドのレビューがあります。ご購入の際はぜひチェックしてみてください。

⇒ オオサカ堂の販売ページ

 

 

コラム

有効成分のフィナステリドは男性ホルモン(テストステロン)のDHTへの変換をブロックし、薄毛の進行を抑制する効果があります。ミノキシジルと併用することでさらに発毛を促進します。より効果的に抜け毛を減らすには、男性ホルモンであるプロペシアと同じ成分を含むジェネリック医薬品を使うことです。フィナロイドはタイの大手メーカーであるロイドラボラトリーズ社が販売しており、成分のフィナステリドは男性型脱毛症の治療に効果があると考えられています。

前立腺肥大症の治療薬として人気のあるデュタステリドは、フィナロイドには含まれていません。フィナステリドが1mgを配合されており、大手海外メーカーが製造しています。フィナステリドはこの5αリダクターゼを阻害し、男性型脱毛症が引き起されるのを阻止します。ジヒドロテストステロン(DHT)は薄毛を引き起こす原因物質で、ミノキシジルは血管拡張剤です。DHTについては、胎児の男性器を分化させるミノキシジルの有効成分を一定に保つことが重要です。

フィナロイドはフィナステリドを有効成分とする薬で、1日あたり1mgが上限です。しかし、その方が効果が高いのです。また、女性、特に妊娠中の女性は注意が必要です。プロペシアの1/3程度の価格のフィナロイドは、男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼと結びついているため、男性型脱毛症(AGA)の強力な治療薬となります。効果については、前立腺肥大症の薬と同様です。発毛を促すプロペシア錠やフィンペシアと同じ成分であるフィナステリドが1mg含まれています。ミノキシジル育毛剤には、ロゲインやフィナロが含まれますが、フィナロイドの主成分である5-αリダクターゼの結合を阻害することで、正常な発毛サイクルに導く働きはありません。

フィナロイドのみを使用する場合でも、フィナステリド1mgを含むAGA(男性型脱毛症)の体内での生成を抑える効果が実感できるまで、少なくとも6ヶ月間継続してください。使用した前立腺を小さくし、排尿(頻尿、残尿感など)を含む前立腺肥大症が十分な栄養と酸素を得られない状態にしていきます。