ラミクタール100mg

 

 

 

 

 

ラミクタールの解説(通販くすりロイヤル)

ラミクタールは、ラモトリギンを有効成分とする抗てんかん薬の一つです。日本でも承認され、同一成分のお薬を海外から個人輸入するkとが可能です。ラミクタールを服用すると脳細胞の過剰な興奮を抑え、てんかん発作が発生しにくくなります。

本薬は、躁状態や鬱状態への流入を防ぐ働きもあります。。レノックス・ガストー症候群の部分発作および全般発作のうち、躁鬱病の維持療法として用いることができ、併用することで強い効果を発揮します。なお、ラミクタールは日本でも使用されています。ディスパーシブル・チュアブル・タブレットは、ディスパーシブル・チュアブル・タブレットという特殊な剤形の抗てんかん薬として開発されました。グラクソ・スミスクライン(GlaxoSmithKline)社が躁鬱病の維持療法の有効成分として販売しています。

ラミクタールは、痙攣や意識消失などのてんかんを抑えて神経膜を安定させ、グルタミン酸などの興奮を抑え、周囲に刺激を伝えることで、うつ症状を緩和し、再発を防止するという3つの作用を持っています。GSKファーマ社が開発した「ラミクタール」は、有効成分であるラモトリギンが過剰に興奮する部分発作および全般発作と、再発率が高いことから脳神経の興奮を抑える双極性障害が特徴です。先発医薬品として承認・販売されています。これらの薬剤は、脳神経に働きかけ、どのような発作を起こすかをコントロールします。精神疾患の症状に用いられ、全世界で500万人以上が服用しています。神経の過剰な興奮を引き起こす物質の生成と放出を抑えます。

ラミクタールの有効成分であるラモトリギンは、脳の機能に関係しています。リーマス(炭酸リチウム)やデパケン(バルプロ酸ナトリウム)の場合、基本的には有名製薬会社の合成物質「ラモトリギン」が妊婦さんの神経伝達物質として機能します。この適応症の大きな特徴は、副作用の可能性がないことです。また、ラミクタールは、抗てんか薬・双極性障害における気分エピソードの再発防止にも高い効果があります。

ラミクタールの利点の一つは、催奇形性がないことです。本薬は、ナトリウムイオンのナトリウムチャネル阻害作用とカルシウムチャネルのグルタミン酸放出抑制作用により、神経細胞の異常な興奮を抑え、てんかん、けいれん、意識障害などを治療します。単剤での使用が可能です。また、抗てんかん薬として、双極性障害の治療や精神疾患の治療を目的として開発されました。現在、日本では、脳の神経細胞が突然過興奮を起こす双極性障害の治療薬として、興奮性の神経伝達物質であるラモトリギンが処方可能となっています。