トール20mg(ルプラック・ジェネリック)

ダイトール10mg(ルプラック・ジェネリック)

 

 

 

 

 

トラセミドの解説(通販アシスト)

トラセミドは利尿作用のある有効成分で、服用することで体内で不要となった水分を尿として排出する働きがあります。国内ではルプラック錠の有効成分として知られ、海外ではトール(TOR)やダイトール(DYTOR)などのジェネリック薬が販売されています。

トラセミドは、体内の余分な水分を排出して血圧を下げる降圧作用があるため、日本では「ルプラック」として高血圧症の治療に世界中で使用されています。トールはループ利尿薬の有効成分であり、水分だけでなくカリウムの電解質を排泄することで体を引き締める効果が期待できます。現在、ラシックスは規制の対象となっており、購入することはできません。

ループ利尿剤であるトールは、低カリウム血症になりにくく、むくみが解消されます。血液中のカリウムの不足が起こりにくくなります。また、尿は腎臓を経由して血液を循環させることで、体内を循環する血液の量を減らすことが知られています。トールは、体内の余分な水分を取り除き、血管壁のナトリウムを減らして尿量を増加させる利尿剤であるフロセミド(ラシックス)よりも効果的な場合があります。また、浮腫を感じたら医師や薬剤師に相談するため、アルドステロン系の作用も強いです。体内の老廃物を排出する薬です。

トールは、尿量を増加させ、余分な水分や老廃物を尿として排出するループ利尿薬です。利尿作用が非常に強いお薬です。尿量を増加させることで、カリウムの主成分であるトラセミドが、心臓、肝臓、腎臓が余分な水分を尿中に排泄するのを助けます。トール(TOR)は、インドの製薬会社であるIntus Pharma Limitedが製造しています。有効成分としてトールを含むトールは、アルドステロン受容体拮抗薬として作用します。むくみが確認された場合は、血液中の老廃物を一緒に排泄することで強い利尿作用と抗浮腫作用があり、これらの症状10が手足や顔などの末梢に現れた場合は、高血圧を引き起こすフロセミド(ラシックス)の排泄と浮腫の抑制も効果的です。しかし、ラシックスはループ利尿薬として有名です。

他のループ利尿薬に比べて、むくみの原因となる低カリウム血症、高カリウム血症、血清尿酸値上昇、血小板減少、黄疸などの臓器への影響が少ないため、外出時や就寝前の使用は控えてください。トール(TOR)は、再吸収を防ぎ、多くの病気の治療に使われます。この治療に使われる利尿剤の一つにループ利尿剤のルプラックがありますが、ルプラックは有効成分として血管壁のナトリウムを減少させるので、心不全など多くの病気の治療、足のむくみの軽減、体重の減少などに使われます。トラセミドは腎臓に作用して尿の量を増やします。