フィンサバ1mg(プロペシア・ジェネリック)

 

 

 

フィナロイド(プロペシア・ジェネリック)

 

 

 

 

 

フィンサバの解説(通販マルシェ)

フィンサバ(Finsava)は、プロペシアと同じ有効成分を配合したプロペシアのジェネリック商品です。男性の男性型脱毛症にプロペシアと同等の効果がありながら、プロペシアより安価に購入できる高性能な製品となっています。効果については、最低でも3ヶ月は服用し、その結果を解釈しなければ、すぐに判断することはできません。そのため、服用を継続するためのコストを十分に考慮してAGA対策商品を選択することが重要です。

男性型脱毛症は、全体的に弱くなるのではなく、部分的に髪が抜けるのが特徴です。原因はDHT(ジヒドロテストステロン)であり、DHTが多くなると髪が抜けやすくなります。フィンサバ(フィンザエキスパンダーa)1mgは、AGA治療に使用されるプロペシアジェネリックです。プロペシアジェネリックなので、新薬のプロペシアと有効成分は同じですが、薬の値段が手頃なため、通販でも人気の治療薬です。

海外の臨床試験では、頭頂部の脱毛について、5年間支持した場合に生じる直径1インチの直線円内の毛髪本数の増減を比較すると、フィナステリド1mgでは改善・維持されたのに対し、偽薬では減少しています。前髪頭頂部の脱毛については、フィナステリド1mgでは12ヶ月の投薬で毛髪量が明らかに改善されました。フィンサバは、インドの製薬会社サバーメディカが製造・販売するジェネリック医薬品です。サバメディカは思ったより年齢が上がらない製薬会社で、発展途上国を主な投資タイミングとしています。

男性はまず専門のクリニックでAGAスキャン(毛髪と血液のDNAを調べる診察)を受け、ジヒドロテストステロンの感覚を推定して、男性型脱毛症かどうかを判断することを勧めています。AGAの患者数は2014年から2017年までの4年間で急増し、現在では全国で1,200人を超えると言われています。

フィナステリドはもともと前立腺肥大症の治療薬として使われていましたが、発毛治療薬として再注目されています。薬理作用が異なるため、ミノキシジルと併用することも可能です。治療のためにクリニックを訪れる男性型脱毛症の方は、50歳以降に限らず、近年は20代、30代の方も増えてきています。実際、東京23区のクリニックでは、全体の27%が30代、56%が10代・20代の患者様であることが報告されています。フィンサバは、発毛量が少なく抜け毛が多いAGA(男性型脱毛症)に有効な治療薬で、「プロペシア」の後発品にあたります。