ディオバン80mg(バルサルタン)

 

 

 

ビセレクト5mg(メインテート・ジェネリック)

 

 

 

 

 

ディオバンの解説(通販ブリッジ)

ディオバンは、高血圧の治療薬として製造されている血圧降下剤です。高血圧を改善することは、心臓への悪影響を減らす要因となり、動脈硬化や狭心症の緩和・護衛につながると考えられています。ディオバンは、アンジオテンシンⅡが受容体に結合するのを阻害するだけでなく、アンジオテンシンⅡ受容体自体の活性を抑制するインビアガーデンアゴニストであり、より高い降圧作用と臓器保護作用を発揮することができます。

有効成分バルサルタンは、血圧を上昇させる巨大な物体であるアンジオテンシンⅡの活性を抑制することで、体内の血管を発達させ、血圧を下げることができます。高血圧症では、血圧を上昇させるある種の物質であるアンジオテンシンⅡが働いています。アンジオテンシンIIは、受容体に結合することで血圧を上昇させます。バルサルタンは先回りして受容体に結合し、アンジオテンシンIIがつながるのをブロックする。その結果、血管収縮が止まり、血圧が下がります。

バルサルタンは、血圧の上昇に関与する重量物であるアンジオテンシンIIの働きを抑制する効果があります。アンジオテンシンIIは「アンジオテンシンII受容体」に結合し、血管を収縮させてより多くの血液を導出させ、血液量をダイナミックに増加させる。その結果、血圧が上昇します。ディオバンは、降圧作用とインジェクターアゴニスト作用を強化したARBである。持続性があり、1日1回の服用で完了し、比較的安価であるため、コストパフォーマンスの高い薬剤です。

ディオバン160mgは効果が出るのがやや遅く、血圧の減圧は投薬開始から4週間後と、2週間以上経過してから起こります。そのため、初めてディオバンを服用する方は、ディオバンが血圧降下作用を発揮しているかどうか、摂取量をよく観察しながら服用を続ける必要があります。バルサルタンは、アンジオテンシンⅡとその受容体の結合を阻害する作用を持っており、この作用により血圧が正常値まで悪化すると考えています。

有効成分バルサルタンは、血管を収縮させて血圧を上昇させるアンジオテンシンⅡの作用を阻害することで、血管を発達させ、水分や電解質の質を調整することで血圧を低下させます。ディオバンは、高い無災害率と堅牢な作用から、現在、米国やフランスなど130カ国以上で承認・使用されています。

アンジオテンシンⅡは、血管収縮を誘導することにより高血圧を引き起こします。また、腎臓でのナトリウムや水分の排泄を抑制し、血球数を増加させる作用があります。血液量が増加すると、その血液を全身に度するために心臓がしみに圧力を加える必要があることを通して血圧が上昇する。本製品は、高血圧による合併症に悩むお客様や、合併症を予防したいお客様にお勧めします。