デュオダート(ハルナール+アボルブ)

 

 

 

アボダート(デュタステリド0.5mg)

 

 

 

 

 

デュオダートの解説(通販 マルシェ)

デュオダートはデュタステリドとタムスロシンの2つの成分が配合された商品で、海外の個人輸入代行サイトからネット通販で注文できます。1錠300円前後ですのでリーズナブルではありませんが、グラクソ・スミスクライン社の正規品を手軽に入手したい方におすすめです。

デュオダートは、デュタステリドとタムスロシン塩酸塩を主成分とする前立腺肥大症治療剤です。前立腺肥大症は、加齢に伴い男性ホルモンが減少し、前立腺が肥大して尿道を押し広げることで起こる病気です。デュオダートはタムスロシン塩酸塩を主成分とする大粒の薬なので、摂取と同時使用で副作用が倍増することに注意しなければなりません。この点を考慮すれば、前立腺肥大症の治療薬として処方されたものを服用する際に、デュオダートを選択するメリットは数えるほどしかないでしょう。

デュオダートは、デュタステリドとタムスロシンという2つの有効成分を含む前立腺肥大症の治療薬です。前立腺肥大の原因となるジヒドロテストステロンを減少させ、尿道を拡大させることで排尿障害や夜間頻尿をチェックすることが期待されます。前立腺液と呼ばれる精液の一部が含まれており、精子に栄養を与え、精子を保護する役割を担っています。前立腺はよくクルミほどの大きさと言われ、膀胱に一番近い出口である尿道を取り囲むように存在しています。この前立腺が何らかの原因で肥大化すると、クルミ大の前立腺がミカン大になることもあります。

有効成分であるデュタステリドは、使用初期には効果が期待できますが、治療効果を計算するためには6ヶ月に1回の服用が必要です。デュオダートの体内摂取を継続することが推奨されます。デュオダートは、世界的に有名な製薬会社であるグラクソ・スミスクライン(GSK)が製造・販売している医薬品です。

デュオダートは、人気の前立腺肥大症治療薬ハルナールとアボルブの高配合薬で、1カプセル飲むだけで2つの有効成分の治療効果が得られるので、デュオダートは0錠、各1錠の服用となります。前立腺肥大症の主な症状は排尿に関するもので、前立腺によって尿道が脅かされるように響くことです。尿が出にくい、尿の曲げ伸ばしが弱い、排尿後に残尿感があるなどの症状が発現することがあります。

デュオダートの有効成分デュタステリドは、テストステロンをDHT(ジヒドロテストステロン)に変換する酵素である5αリダクターゼを抑制することにより、血中および前立腺連合中のDHT濃度を上昇させます。肥大した前立腺を小さくし、尿の排出を促し、頻尿や残尿感などの症状を改善します。デュオダートが作用する前立腺は、男性にのみ存在する生殖器の一つです。前立腺は尿道を包んでいます。この前立腺が何らかの原因で肥大化すると、尿道を圧迫して排尿障害を引き起こします。前立腺肥大症の主な症状は、尿の出が悪い、尿の陽性変換が弱い、尿が出にくい、排尿後に残尿感があるなどです。