キャンC(白内障治療点眼薬)

 

 

 

シーナック(白内障点眼薬)

 

 

 

 

 

キャンCの解説(通販カリヨン薬局)

キャンCはカリヨン薬局やウェルシアなどの一般のドラッグストアでは販売されておらず、海外通販サイトから購入する必要があります。ベストケンコーやくすりエクスプレス、オオサカ堂といった個人輸入代行業者をご利用ください。

キャンCの有効成分であるN-アセチルカルノシンは、眼球内でカルノシンに変換され、多くのカルノシンを保持します。また、水晶体を構成するタンパク質の酸化変性を防ぎ、混濁の進行を止めたり遅らせたりすることができます。白内障の防御の場合、1日1回結論の出た時間に部分点眼、または1日1回2滴点眼し、1滴につき5~10口食べると白内障が抑えられると言われています。

キャンCを開発したロシアの科学者S.B.バビザエビッチによると、臨床試験の結果、この目薬を使った被験者の90%が初めて程度の差こそあれ視力が治り、41.5%の人間が透明なレンズを持つようになったということです。という結果が出ている。白内障の目薬による治療法としては、非常に興味深い作業効率です。

カルチノンは、目の中のある物品、カルノシナーゼによって解体され、その有用性を失います。キャンCの有効成分であるN-アセチルカルノシンがカルノシナーゼによって細分化されると、カルシノンに置き換わると言えます。変化したカルチノンはカルノシナーゼによって解体されるかもしれないが、カルノシナーゼはN-アセチルカルノシンの解体に度々消費されるため、別の山が分離される可能性はありません。

キャンCは、2010年に米国FDAから承認された最新の白内障治療薬で、「ヒトとペット(犬・猫)」の両方の白内障に使用されています。白内障の主な症状は、目のかすみ、視力低下、光がまぶしい、白内障が開いたときと陥没したときの視角の違いなどです。加齢により目のレンズが濁る白内障の治療は、これまで手術しかありませんでしたが、Can-Cは白内障の処置をひと目で中断させる先進の眼科用医薬品です。

アメリカやEU諸国で承認されている点眼薬で、人間だけでなく犬にも白内障の順番を減らすために多くの地域で使用されています。白内障とは、目の水晶体が酸化(老化)により濁り、視界がぼやける、重なったものが見分けられなくなるなどの症状が出る病気です。水晶体の酸化の原因としては、強い日差しや病気、薬などさまざまなものが考えられますが、最も多いのは加齢によるものです。体内では、酸化を防ぐカルノシンという物質が生成されていますが、加齢によりその量が減少すると、水晶体の左右に届き、酸化(老化)して混濁を生じるのです。

無数の場の意図が異常凝集を引き起こし、水晶体の混濁につながると言われていますが、その原因のひとつが酸化的葛藤なのです。酸化とは、重いものと酸素が結合する連鎖反応のことで、体内の活性酸素によって細胞が酸化されることが老化に相当すると言われています。キャンCは日本では承認されていない医薬品であり、処方箋に基づき所持することはできません。犬用の動物病院では入手可能ですが、眼科などの専門クリニックではもう手に入らないでしょう。