エナラプリル5mg(エナカルド錠ジェネリック)

 

 

 

ネクスガード・スペクトラ

 

 

 

 

 

エナラプリルの解説(通販エージェント)

エナラプリルはペットの血圧を改善するために使われ、日本では「エナカルド錠」の商品名で知られています。エナカルドの海外版はネット通販で購入でき、「ペットくすり」などの個人輸入代行サイト(エージェント)から購入できます。2.5mgと5mg版があり、1箱2,000円台で販売されています。

エナラプリルは、犬の僧帽弁閉鎖不全症の治療薬で、健康な血流を促進し、心臓が受け取る血液の量を減らすことができます。飲みやすい薬なので、犬にとって非常に嗜好性の高い薬です。長期間の投与が必要な心臓の薬として、飲みやすさにこだわって開発されました。エナカードは、ペットの高血圧や僧帽弁閉鎖不全症による慢性心不全の治療薬です。犬、猫ともに使用が認められています。

エナラプリルは、血流を改善する神経血管薬です。ACE阻害剤という、魂の血管に作用して血管拡張効果を発揮する薬です。心不全の犬は全身の血流が悪くなっていますが、ACE阻害剤は血管を広げることで全身の血流を改善します。エナラプリルは通常の錠剤と異なり、味付きタイプなので、おやつのように手軽に食べることができます。心臓病の薬は、すでにある薬を永続的に服用するものです。そのため、飲みやすい形のお薬は、普通の錠剤に比べて格闘が早く、愛犬を窒息させる可能性が低いのです。

1日1回の服用で血流が改善され、僧帽弁閉鎖不全症による慢性心不全の症状を緩和する作用があるため、効果を長持ちさせることが期待できます。犬のうっ血性心不全の治療は、薬の投与や症状の緩和、処置の延期などにより心臓の不調を緩和する内科的な方法が中心となります。心機能減退の要因としては、循環血液量や血管抵抗の高さ、心臓の萎縮、心臓の嗅覚の弱さ等が挙げられます。エナラプリルは、拡張に依存する血行動態のチェックに優れた効果を発揮することが認められています。

エナラプリルは、心臓の初期圧迫に伴う吸気拡張による心肥大や心拡大などの心臓リモデリング関与環を抑制する心臓救助作用、腎臓の輸出動脈を拡張する腎臓貯蔵作用が確認されており、有効性と安全性に優れていることが利点です。このことから、犬のうっ血性心不全の第一選択薬として、すでに世界各国で使用されるようになっています。ぽっちゃりした体型は心臓に負担をかけるので、太り過ぎにならないように気をつけるとともに、食事も偏らないようにする必要があります。症状に応じて、精神外表面剤、利尿剤、血管発達剤などの薬物を投与することになります。

心不全や高血圧から欠かすことのできない愛情犬や愛情猫を管理するために必要なものなので、通販で多くの飼い主さんが購入している犬猫用の流行商品となっています。僧帽弁閉鎖不全症の約9割の症例で、心臓の音が聞こえることがあります。そのため、自宅で飼っている犬の心臓の状態が気になるお客様は、ライフケア施設に出向いて検査を受けることができます。心筋梗塞の犬の初期症状の多くは、いわゆる易疲労感や咳を伴うことが多いようです。ご自宅でそのような症状が見られたら、専門の鳥獣医療機関を受診されることをお勧めします。