マイクロジノン21(低用量ピル)

 

 

 

トリキュラー21

 

 

 

 

 

マイクロギノンの解説(通販カンパニー)

トリキュラーの製造メーカーであるバイエル社が開発した最先端の低用量ピルが「マイクロギノン」です。マイクロギノンを通販で購入できるカンパニーとしては、「ベストケンコー」「アイドラッグストアー」「オランダ屋」「オオサカ堂」などがあります。価格も昔より安くなったため通販しやすくなりました。

女性が有効な社会に巻き込まれつつある現在の日本では、経口避妊薬(低用量ピル)による妊娠コントロールは、突然の妊娠によって女性が必要不可欠な第一線から踏み出すことを抑制しています。海外では経口避妊薬(低用量ピル)が標準的な避妊法であり、一人の自立した女性として尊重されながら使用されるのが一般的です。

卵胞ホルモンをいかに軽減するかという問題に直面し続け、経口避妊薬の開発はキャリアそのものといっても過言ではありません。マイクロギノンは、卵胞ホルモンであるエチニルエストラジオールを0.03mgと非常に低いカプセルで処方しており、副作用のリスクが小さいことが最大の特徴です。マイクロギノンは、卵胞ホルモンであるエチニルエストラジオールと黄体ホルモンであるレボノルゲストレルという2種類の女性ホルモンを配合するようアレンジされています。これらの女性ホルモンを定期的に服用することで、排卵に必要なホルモンの量を減らしているのです。

生理痛やPMSは、女性ホルモンのバランスが変化することで起こります。マイクロギノンには、規定量の女性ホルモンが含まれており、マイクロギノンを服用することで女性ホルモンの分泌をダウンサイジングすることができます。体内の女性ホルモンが落ち着くので、生理痛やPMSを予防することができます。また、マイクロギノンは、女性ホルモンのバランスを整え、生理前のイライラなどの症状を落ち着かせることで、元気な生活を送りたいという方にも高く評価されているライフ・リニューアル・ピルとして捉えられています。

レボノルゲストレルは、WHO(世界保健機関)により安全かつ有効な避妊薬として認められており、多くの避妊薬に使用されています。また、卵胞ホルモンであるエチニルエストラジオールも避妊効果に重要な役割を担っています。経口避妊薬の副作用の多くは卵胞ホルモンに関係するものです。マイクロギノンは低用量一相性ピルの種類で、ホルモン製剤の量が一定なので飲み忘れの心配がなく、ピル初心者に人気のある商品です。普通に服用すると、排卵に必要なホルモンの量を遅くし、排卵を停止させます。

マイクロギノンは、プラス女性ホルモンであるレボノルゲストレル(黄体ホルモン)とエチニルエストラジオール(卵胞ホルモン)を1錠あたり21錠使用した経口避妊薬(低用量ピル)です。マイクロギノンを使用することで女性ホルモンのバランスが保たれ、生理痛やPMS(月経前症候群)を予防し、排卵を抑制することで避妊効果を発揮します。