アイピル(ノルレボ)アフターピル

ポスティノール(ノルレボ)2錠

 

 

 

 

 

アイピルの解説(通販ブリッジ)

海外製アフターピルの「アイピル」(i-pill)はネット通販で入手できますが、直接輸入することはできません。通販のブリッジ役(橋渡し役)となる代行サイトを利用するのが一般的で、「ベストケンコー」「オランダ屋」「オオサカ堂」「お薬なび」などはアイピルを手軽に注文できるシステムを用意しています。

アイピルを含む緊急避妊薬(アフターピル)は、避妊に失敗した後からどれくらい早く使用するかが重要です。事前にアイピルを用意しておくことで、いざという時に慌てずに妊娠のリスクを回避することができます。いつものように、妊娠は幸せなことですが、さまざまな条件が重なれば、必ずしも幸せなことではありません。ゴムをずっと使っていて、壊れてしまったり、落ちてしまったりした場合、アイピルがその悩みを解決してくれるのです。

有効成分「レボノルゲストレル」とは、人工的に発明された黄体ホルモン(女性ホルモンの一種)です。すでに排卵が起こっている場合、レボノルゲストレルを挿入することで子宮内膜の成長を促し、月経を強制的に起こさせ、子宮内膜がすり減らないように保護することができます。排卵がまだ起こっていない場合は、レボノルゲストレルで排卵を阻止・防止し、受精を防ぎます。

I-Pill(アイピル)は、処方薬として有名な緊急避妊薬「ノルレボ」のジェネリック医薬品です。ノルレボがフランスの製薬会社によって作られたのに対し、アイピルはジェネリックに強いインドのピラマル・ヘルスケア社によって作られました。主成分のレボノルゲストレルは、女性ホルモンの一種である黄体ホルモンと同じような働きをします。排卵直前には、LHサージと呼ばれる黄体形成ホルモンが大量に分泌されます。この時に黄体ホルモンを投与すると、LHサージが阻害されて排卵が起こらなかったり、延期されたりするため、精子が卵子と受精することができなくなり、妊娠を防ぐことができるのです。

行為してから72時間以内に服用すれば、いつでも排卵しなければ(排卵予定日の翌日から3日後の2日目)90%の確率で妊娠を防ぐことができます。妊娠がわかったらすぐにピルを服用するのがよいでしょう。アイピルは72時間以内なら避妊効果が75%あり、24時間以内に飲めなくても3日間の猶予があります。

ゴムをつけてしっかり避妊対策をしていても、破れてしまったという経験はないですか?コンドーム着用時の避妊ミスの確率は、だいたい10%程度と言われています。破損してしまって避妊に失敗した場合、次の生理まで不安になる可能性が高いです。そんな時に心強い味方になるのが緊急避妊薬(モーニングアフターピル)の使用です。愛pリウは、世界中で多くの女性に使用されている代表的なアフターピルです。アイピルはピラマル・ヘルスケアから販売されており、ノルレボのジェネリック医薬品なので、通販で安く購入することができる優れものです。