フィンペシア(プロペシア・ジェネリック)

 

 

 

フィナロ(プロペシア・ジェネリック)

 

 

 

 

 

フィンペシアの解説(通販キングダム)

フィンペシア(Finpecia)は「海外製フィナステリドの王(キングダム)」と呼ばれるほど人気の商品です。オオサカ堂やベストケンコー、JISAなどの大手個人輸入代行サイトでは20年以上販売しており、今でもトップシェアを誇ります。フィナロやフィナロイドなどの同一成分配合の商品も人気がでてきていますが、やはりフィンペシアにはまだまだかなわないようです。

プロペシア(フィナステリド)は、フィンペシアと同じ成分の育毛剤で、薄毛の人にどのように作用するか、多くの臨床試験が行われています。フィナステリドを1年間使用した結果、58%の方が発毛を実感し、40%の方が抜け毛が少なくなったとのことです。おおよその市場価格は、プロペシアが1錠300円、フィンペシアが1錠30円程度です。フィンペシアとプロペシアを6ヶ月間治療した場合の必要経費を比較すると、その差は歴然としています。

一般論として、フィンペシアを3ヶ月間毎日投与し、その後6ヶ月ほどで効果が出ることが多いと言われていますが、個人差があることをあらかじめ理解しておく必要があります。真面目に続けることが大切です。従来のフィンペシアには添加物(タール特性生塗布剤)の一種であるキノリンイエローが含まれていますが、オオサカ堂やJISA、ベストケンコーで販売されているフィンペシアにはキノリンイエローは含まれていません。キノリンイエローは、内服薬として添加されるごく少量であれば心配のない着色料です。しかし、フィンペシアを含むAGA治療内服薬の初歩は3~40年投与とされているため、キノリンイエローを長期間使用することに抵抗や不安があるという見解があることも事実です。

日本では、フィンペシア1mgと同じ有効成分を組み込んだプロペシアという薬を処方してもらうことができます。男性型脱毛症の治療は、日本では生命保険が適用されず、ALL自費診療となります。20歳から50歳までのAGAの男性を対象に行われた臨床試験では、6ヶ月間服用した方の98%に抜け毛の進行抑制効果が認められました。また、1年間継続して使用した男性の大多数は、抜け毛の進行を抑えるだけでなく、髪のボリュームアップにも効果があることが分かりました。

フィナステリド男性型脱毛症治療薬は、髪の成長が少ない成分の治療に使われ、髪の成長サイクルを完全に打ち消すには、最低でも6ヶ月の期間が必要です。このため、AGA治療の費用は治療期間とともに高額になることが多いので、安価に購入できるフィンペシアを使うことで、これが必要なAGA治療の費用を大幅に削減することができます。

毛根と申しますのは、毛が抜けた後5~10年は残存すると言われています。症状が気になるお客様には、状況が許す限り早くフィンペシアによる治療を開始することが再検証の近道となります。フィンペシアを服用することでDHTを抑制すれば、髪が乏しくなる順番を先送りするだけでなく、太くてしっかりした頭髪に変化させることも可能です。