ジスロマック500mg

アジー1000mg(ジスロマック・ジェネリック)

 

 

 

 

 

ジスロマックの解説(通販web窓ロ)

海外版ジスロマックは個人輸入することができ、その通販Web窓口としては「ベストケンコー」「オオサカ堂」「ライフパートナー」「空詩堂」などがあります。これらの通販サイトでは格安ジェネリックであるアジー(Azee)なども取り扱いがあります。コストパフォーマンスを優先される方が多く、実際のところアジーの方がジスロマック先発品よりよく売れています。

クラミジアが少量の服用で済むのは、ジスロマックの特徴である「有効期間が非常に長い」ことが挙げられます。ジスロマック1,000mgを1回服用すると、約10日間効果が持続します。細菌が増殖すると、タンパク質の合成は細菌が強制的に提供する利益の一つです。私たち人間と同じように、細菌の体も主にタンパク質で構成されているのです。ジスロマックは、タンパク質を作り出す5つの器官であるリボソームの働きを阻害する薬です。リボソームに結合することで、リボソームの働きを阻害するのです。

ジスロマックはその効果の持続性から、病気の原因となる細菌が増えている場合に抗菌効果を発揮し、病気の原因となる細菌が増えないようにすることも大きな役割となります。このジスロマックの強力な効果により、接触感染率が高く、価格も予測できないクラミジアの治療を高い確率で成功させることができます。ジスロマックはファイザー社が製造する豪勢な医薬品の一つで、同じタイプのジスロマックは日本でも承認されており、接触感染症の治療薬として多くの医療機関で処方されています。

ジスロマックは細菌のリボソームのみを選択して結合するため、ヒトのリボソームには作用しません。アジスロマイシンは人の細胞に悪影響を与えないので、ジスロマックは細菌にだけ害を与える毒性が広い薬として認識されえちます。クラミジア菌に抗生物質が効くのは、3〜4日かけて急回転する細胞解離の最終段階だけです。この時期に飲み忘れなどで抗生物質が弱まってしまうと、抗菌効果が大きく低下してしまいます。

有効成分のアジスロマイシンはマクロライド系に分類される抗生物質で、病気の原因となる菌の増殖に必要なタンパク質の合成を阻害することで抗菌効果を発揮します。効き目の持続時間が長いジスロマックは、クラミジア菌が増えようとする有用な時間帯を逃さずに抗菌作用が発揮されるのです。また、ジスロマックは抗菌作用の持続時間が長いので、クラミジア菌が増えようとする有用な時期を逃さずに抗菌作用を発揮します。ジスロマックの有効成分は、アジスロマイシン水和物です。ファイザー社が開発した初の15員環マクロライド系抗生物質で、急性接触感染症の治療に必要な想像を絶する抗菌スペクトルを有しています。