レボクイン500mg(クラビット・ジェネリック)

 

 

 

 

 

レボクインの解説(通販 タニヤン薬局)

クラビットジェネリックの定番商品「レボクイン」(Levoquin)はベストケンコーなどから通販できますが、現在のところタニヤン薬局での取り扱いはありません。250mgと500mg版の2種類あり、1錠60円~のリーズナブルな価格で入手可能な商品です。

クラビットは、細菌が増殖するために必要な根酸の生成を抑制することで、細胞を突き破ります。咽頭クラミジアだけでなく、性行為で移る性器クラミジアにも有効です。クラビットはどちらにも有効な抗生物質です。幅広い抗菌スペクトルを有し、顕著な接続と細胞内移行を示し、グラム陽性菌とグラム陰性菌の両方に有効で、他の抗生物質が効かない場合の治療法として、様々な方法で使用されています。

クラビットをはじめとするレボフロキサシン配合剤は、性器クラミジアの治療に用いられる抗菌薬の中で、最も高い効果を発揮する薬剤の一つです。先発品の「クラビット」は、国内で最も接触感染件数の変動が大きいクラミジアと淋病の治療に使用されています。また、肺炎、尿路感染症、赤痢、アクネ菌、慢性前立腺炎、急性細菌性副鼻腔炎などの細菌感染症の治療にも使用されます。医療機関では、特に泌尿器科、耳鼻科、婦人科で頻繁に処方されると思われますが、それ以外の科でも患者さんが受診される場合にも採用されています。接触感染症に有効でありながら、副作用が少なく、常備薬として最適です。

レボクイン(クラビット)の有効成分のレボフロキサシンは、ニュータイプのキノロン系抗生物質で、サプリメントとして服用することで病気の原因となる細菌、つまり「病源菌」を殺菌することができます。クラビットジェネリックは、性病の治療のほか、膀胱炎、肺炎、腸炎などの治療にも有効です。クラビットの有効成分であるレボフロキサシンは、細菌のDNAコピーを阻害する抗菌作用を持っています。レボフロキサシンは、DNAがコピーされて増殖する際に作用するDNAジャイレースとトポイソメラーゼⅠという2つの酵素を阻害する作用があります。

クラビットは従来の抗菌剤に比べて副作用が少ないのも特徴です。クラミジアは、日本だけでなく世界でも最も多い性感染症です。クラビットは、クラミジアによる女性の子宮頸管炎の92.3%、男性の尿道炎の84.3%に有効であることが確認されています。レボフロックスとレボクインのジェネリック医薬品は、先発医薬品と同じ有効成分であることに加え、シスプラチン1:1が配合されているのが特徴です。

クラビットジェネリック「レボクイン」の有効成分はレボフロキサシンで、35種類もの細菌を制御することが確認されているニューキノロン系の医薬品です。細菌が体内で増殖するために揃える必要があるタンパク質の結合を阻害することで効果を発揮します。インド・ムンバイのシプラ社が複製・販売しているクラビットジェネリックは、ほぼすべての接触感染症に有効な抗菌薬です。日本の介護病棟でも処方されているクラビットのジェネリック医薬品なので、クラビットよりも安価に購入することができます。