プロペシア(EU版)28錠

フィンペシア(フィナステリド1mg)100錠

フィナロ(フィナステリド1mg)100錠

 

 

 

 

 

フィナステリドの解説(通販リサーチ)

プロペシアをはじめとするフィナステリド錠はネット通販で入手することができます。その窓口となる個人輸入代行サイト色々とリサーチしている方が多いと思いますが、「オオサカ堂」「JISA」「ベストケンコー」「お薬なび」などの大手通販サイトでフィナステリドを購入すれば偽物が届く心配はまずありません。

プロペシアは、MSD社が開発したAGA(男性型脱毛症)の治療薬として推奨されています。プロペシアは世界60カ国以上で使用されている治療薬で、髪の乏しさの手順を達成と安心の両面で有利に下げる確率が高く、AGAの症状を因果的に進行させて治療することが期待できるとして、高い評価を得ています。プロペシアのAGA改善作用は、有効成分が体内にとどまっている間のみ期待することができます。

プロペシアを半年以上服用すると、髪が太くなり、外観が大きく変化します。1年以上の使用後も服用を継続することで有効性が維持されることが認められています。プロペシアの有効成分であるフィナステリドは、発毛に関係する2型5αリダクターゼ酵素に作用します。5αリダクターゼの働きを阻害することで、ジヒドロテストステロンの生成を抑え、抜け毛の防止と発毛効果を実現します。

AGAは、男性ホルモンであるテストステロンがヘアサイクルの成長期を短くし、何日も使用を中止することで発症します。テストステロンは、毛根の毛乳頭に存在する5αリダクターゼという酵素と反応してジヒドロテストステロン(DHT)に変化します。このDHTというホルモンが抜け毛を促進するのです。5αリダクターゼ酵素は、男性ホルモンであるテストステロンを、より強力な男性ホルモンであるジヒドロテストステロンに変化させる役割を担っています。男性型脱毛症は、この強力な男性ホルモンであるジヒドロテストステロンによって引き起こされます。

主成分のフィナステリドは、原因となる男性ホルモンを抑制し、脱毛を防ぐだけでなく、生えてきた髪を丈夫な毛質に変えていきます。生え際、前頭部のどちらにも効果があります。低発毛を改善する近道は、継続的に摂取することです。何度でも服用するのが良いですが、すぐに効果が出ないからといって服用を中止しないようにしましょう。髪に悩みを抱えている人は、180日間プロペシアを服用し、経過を観察するとよいでしょう。

日本皮膚科学学会のAGA治療ガイドラインでは、外用薬のミノキシジルと共に「推奨機会毎A」としてフィナステリドが取り入れられています。プロペシアは髪の成長サイクルを改善します。成長サイクルが整い、髪の健康状態が改善された頭部に外用育毛剤を使用するのがより効果的です。プロペシアだけでも低成長の毛髪を改善することができますが、これにミノキシジルが加わると、発毛の進行がより一層期待できます。1992年に前立腺肥大症の治療薬としてプロスカー(フィナステリド5mg)が承認され、1997年にはAGA治療薬であるプロペシアが承認されました。