アイピル(ノルレボ)アフターピル

エラ(エラワンジェネリック)

 

 

 

 

 

アイピルの解説(通販web窓ロ)

アフターピルの代表格であるアイピル(i-pill)はWEB通販で購入できます。海外製品のため個人輸入する必要があり、その窓口としては「ベストケンコー」「オオサカ堂」「オランダ屋」などが有名です。これらのWEB通販サイトなら送料無料でアイピルを注文でき、日本郵便の速達で10日前後で自宅に届けてくれます。

アイピルは、行為後に避妊を開始することができるアフターピルです。行為後72時間以内にアイピルを服用すれば、高い確率で緊急避妊を達成することができます。アイピルは早く飲めば飲むほど達成の可能性が高くなるので、緊急時にはできるだけ早く飲むようにしましょう。

緊急避妊薬は1960年代から使用されていますが、当時の緊急避妊薬は、胸の不快感や嘔吐などの副作用が目立ち、非常に使い勝手の悪いものでした。その後、副作用を抑えるために、黄体ホルモンの一つである特定のノルゲストレルを配合した緊急避妊薬が作られました。アイピルの有効成分であるレボノルゲストレルは、受精卵の着床と排泄を抑制するので、行為後も効果があります。次の生理が来るのを不安に思いながら待つのではなく、納得のいかない妊娠を避けることができるのです。

アフターピルは、通常の低用量ピルとは異なり、いつでも同じ時間に服用できる低用量ピルの手間を省き、直後にその日だけ避妊することができます。そのため、緊急時に備えてアフターピルを携帯している人も多いです。アイピルは迅速な服用に適した緊急避妊薬で、医療機関を受診したり、調剤薬局で薬を手に入れるまでの時間が大きな痛手となります。その点、ネット通販で事前に購入しておけば、万が一の事態にも迅速に対応できます。

即効性のある緊急避妊薬は、望まない妊娠の可能性があるときに、推奨された期間内にできるだけ早く体内に取り入れることで、妊娠を止める効果が期待できる薬です。一般的にはアフターピルと呼ばれており、通常の避妊に用いられるピルとは有効成分の配合量が異なります。

アイピルの作用は、ホルモンの均衡を一時的に崩し、排卵を時間外にさせたり、排卵が起こらないようにしたり、受精卵の凝集を抑制したりします。その結果、精子が体内に入って卵子と受精するのを防ぐことができ、性交後の危険な状況でも避妊することが可能になります。アイピルは、ノルレボピルのジェネリック医薬品です。同じ量のレボノルゲストレルを含んでいるので、アイピルはノルレボ錠と同じ確率で妊娠を防ぐことができます。

緊急避妊薬をリーズナブルな価格で安全に使用するためには、アイピルを事前に購入しておく必要があります。アイピルは、避妊に失敗した後に飲み込む緊急避妊用の錠剤です。アイピルは、産婦人科で処方されるノルレボ錠と同じ成分なので安全です。また、同じ機能を持ちながら、1回の予算が1,000円程度と非常に安価なのが特徴です。

アフターピルは危機的状況のための避妊薬なので、基本的には「避妊を失敗した時」に服用するのが正しい飲み方です。アフターピルの服用はタイミングが重要です。避妊に失敗したと思われる時点から正午までの24時間、48時間、72時間と時間が経つにつれ、妊娠の可能性が高くなります。アフターピルの効果は避妊です。アフターピルは緊急避妊薬で、妊娠のリスクが高い状況でリスクを減らすことができます。