フォルカン150mg(ジフルカン・ジェネリック)

フォルカン200mg(ジフルカン・ジェネリック)

 

 

 

 

 

ジフルカンの解説(通販カリヨン薬局)

ジフルカン(ダイフルカン)は市販されておらず、近所の薬局やドラッグストアなどでは購入できません。もちろん、楽天やヤフー、アマゾンなどからの通販も不可となっています。ネット通販でジフルカンを入手するには、海外ジェネリックを個人輸入するしかありません。シプラ社が製造する「フォルカン」(Forcan)という製品を通販する人が多く、1錠あたり150円以下の格安価格で購入できることからまとめ買いする方も多いです。

ジフルカン(ダイフルカン)は、1978年にトリアゾール系抗真菌薬としてファイザー社により創製されました。ジフルカンは、日本では1989年に承認され、その後も使用されています。有効成分「フルコナゾール」は、血液、呼吸器、消化管、尿路、髄膜の真菌感染症の治療などに用いられています。接触感染の原因となる真菌の細胞膜成分の合成を阻害することで、真菌の増殖を穏やかにします。

カンジダ症は、身体的接触よりも、プレッシャーや睡眠不足、ホルモンバランスの乱れ、免疫力の低下などが原因で発症することが多いと言われています。放置して症状が悪化すると、外陰部のかゆみ、排尿時の痛み、小さなオリモノを感じるなどの症状が現れます。カンジダ症は、カンジダという真菌に接触感染することで、炎症や痛みなどの多数の症状を引き起こす病気で、水虫に次いで多い真菌感染症です。カンジダ菌は細菌ではなく真菌に分類され、単細胞である細菌に比べて、上行性の細胞である真菌は、その蔓延性が特徴です。

ジフルカンの主成分はフルコナゾールであり、真菌症の治療に求められる成分の一つである。真菌感染症の治療だけでなく、フルコナゾールには女性の膣内を潤す効果があるため、女性に人気のある夜用製品でもあります。2011年には、造血幹細胞転換症患者に対する深在性真菌結界の役割と結果が、あからさまなエイドレスエントリーで承認され、広く話題となりました。

ジフルカン(diflucan)は、アゾール系抗真菌薬に分類され、膣カンジダ症、クリプトコックス症、真菌性出血症、尿路系真菌感染症、呼吸器系真菌感染症、真菌性髄膜炎、消化器系真菌感染症などの疾患に使用されています。日本では、ジフルカンは1989年から販売されている歴史のある薬剤であり、高い評価を得ています。

ジフルカンのジェネリック医薬品であるフォルカン(Forcan)は、インドのシプラ社が製造販売しています。シプラ社は、インドのムンバイに本社を置く製薬会社で、1935年に創業しました。シプラ社は日本ではたまにしか知られていませんが、インドではジェネリック医薬品市場で大きなシェアを占めています。値段の安さと高い品質のためジェネリックでは一番人気の商品です。