トリキュラー21

 

 

 

フェミロン(マーベロン)

 

 

 

 

 

トリキュラーの解説(通販web窓ロ)

トリキュラーは海外からWEB通販で手軽に購入できます。国内のオンライン処方のように診察は不要で、ベストケンコーやオオサカ堂、オランダ屋などの窓口から購入するだけで、海外のトリキュラー正規品が自宅に届きます。すべて日本語で完了するため、WEB通販に不慣れな方でも安全にご購入いただけます。

日本では、1999年に「計画的な避妊を希望する女性に処方する経口避妊薬」としてトリキュラーは承認されました。避妊効果が実証されていることと、40年近くの実績がある避妊法であることから、トリキュラーはほとんどの産科病院で処方される定番の経口避妊薬となっています。

臨床試験では、924名中920名がトリキュラー服用中に妊娠したことがありませんでした。約420日間に渡る追跡調査の結果、トリキュラーの避妊成功率は99%であることが臨床試験で実証されたのです。低用量ピルの副作用として、体のむくみや吐き気意といわれるようなつわりに似た症状が挙げられることがありますが、トリキュラーは体への負担が少ないように設計されています。トリキュラーは、ピルに違和感や抵抗感がある方におすすめです。

トリキュラーは、ドイツのバイエル社が製造している低用量ピルです。避妊薬としての有用性に加え、ホルモンバランスをコントロールし、月経痛、貧血、月経不順、更年期障害予防などの効果が期待されています。トリキュラー21・28は、世界的に有名な低用量ピル(経口避妊薬)で、女性が自分で妊娠・出産を計画できる女性ホルモン製剤です。

ホルモンの分布を調整することで、排卵を抑え、受精卵が床につくのを防ぎ、精子が体内に入るのを防ぐという3つの働きがあります。これは、排卵後に女性の体に起こる違いに似ているので、トリキュラーは妊娠初期にホルモン分布を調整し、体を均一にすることで、確実な避妊を可能にします。ホルモンの均衡が通常とは異なる状態に変化すると、子宮内膜が数倍の厚さに成長できず、受精卵が翼状体に到達しにくくなります。トリキュラーは、ホルモンの均衡を変容させることで、子宮の出入り口で分泌される粘液がよりクリニーングになり受精を防ぎます。

ドイツのバイエル社が開発した経口避妊薬で、低用量の避妊薬の中では最もポピュラーなものの一つで、日本では多くのレディースクリニックや産婦人科医院で処方されています。海外通販で購入できるトリキュラー(21錠)は、バイエル・シェリング・ファーマ社から正式にライセンスを受けたZydus Cadila社が製造しています。日本で処方されているトリキュラー錠(28錠タイプ)とは異なる簡易カリキュラムの製品です。成分や効果は同じなので、安心して購入することができます。

トリキュラーは定期的に決まった時間に服用することが大切で、正しい飲み方をすれば100%の避妊効果が得られます。自然にホルモンバランスが整うので、正しい飲み方をすれば、健康に支障をきたすことなく、ほぼ確実に避妊することができます。初めて使用する女性は、トリキュラーの使用方法をしっかりと調べるよう推奨します。