ビマット(ルミガン・ジェネリック)

 

 

 

 

 

ビマットの解説(通販ディビジョン)

ビマット(Bimat)はまつ毛育毛剤のディビジョンに分類される商品です。ルミガンやグラッシュビスタと同じ成分が含まれ、ネット通販で海外から取り寄せることが可能です。ベストケンコーやユニドラなどの海外通販サイトからお得に購入でき、まとめ買いなら1本1,500円以下となります。

ビマットは、ルミガンのジェネリック医薬品です。まぶたの上に使用することで、数ヶ月にわたってまつげを強く、太くすることができます。自分のまつげ自体のボリュームを増やせるので、大がかりなカラーリングやまつげエクステに比べて負担が少なく、効果も長持ちします。有効成分のビマトプロストは本来は緑内障のために開発されたものですが、まつ毛のボリュームをアップさせる効果があることが後に判明し、まつ毛用の育毛剤として注目されています。

日本では、緑内障点眼薬としての「ルミガン」、まつ毛育毛剤としての「グラッシュビスタ」が発売されており、多くの医療機関で使用・導入されています。しかし、まつ毛育毛のためにルミガンやグラッシュビスタを処方されると、保険適用外のため高額になってしまいます。その点、ビマットは1本2,000円前後なので大変リーズナブルです。

ビマットは、まつ毛の成長期間を延長し、太さと長さ、それに密度を改善します。ビマットの有効成分であるビマトプロストは、毛包を刺激してスタミド受容体を活性化させます。これにより、ヘアサイクル(まつげの成長サイクル)の停止期が短くなり、成長期が長くなります。毛根周辺の細胞の状態が良ければ、より多くのメラニンが新しい毛髪に取り込まれます。したがって、ビマットを使い続ければ、まつ毛はより濃く、より太くなります。ビマトプロストは、毛根周辺の細胞のメラニン合成を活性化します。

まつ毛が長く、コシのある状態になると謳っていても、副作用のある商品が多いなか、「ルミガン」や「グラッシュビスタ」という医療用のまつ毛育毛剤が生まれました。ビマットはルミガンやグラッシュビスタのジェネリックに該当し、同等の効能があります。

ビマットやグラッシュビスタの有効成分であるビマトプロストは、もともと「ルミガン」という緑内障治療用の点眼薬として販売されていました。1日1回使用することで眼窩内の圧力を下げ、緑内障を治療するための薬です。ルミガンは今でも人気があり、緑内障の点眼薬として数え切れないほど使われています。

ルミガンは、米国では2001年3月に眼圧亢進症の治療薬として承認され、その後、世界75カ国で承認・使用されています。ルミガンは当初から緑内障の治療薬でしたが、まぶたに使用することで、まつげにも強力な重量感のある効果が長く続くことがわかっています。ビマットには、虹彩やまぶたに同調性のあるそのままの付着を起こし、まぶたの周りの皮膚に自然な付着を対比させる副作用があります。同調性固着は使用しているうちに進行し、使用を中止すると徐々に増加する可能性があると言われています。

ビマットは、ビマトプロストを有効成分とするまつげ育毛剤「ルミガン」のジェネリック医薬品です。ルミガンやケアプロストと同じ効果があることは、すでに皆さんご存知の通りです。まつ毛を含めた体毛は、ヘアサイクルと呼ばれるライブリレー式の変動サイクルで配置されています。このヘアサイクルは、「成長期」「退行期」「休止期」の順に繰り返されます。成長期では、髪の毛の量が横ばいになり、再び太くなります。次の退行期では、毛穴から毛が生えてきますが、成長が止まり、存在できるようになります。退行期の最後に、髪は根元から剥がれて抜け落ちます。