クロミッド・ジェネリック(Klomen 50mg)

 

 

 

オキシポロン50mg(オキシメトロン)

 

 

 

 

 

クロミッドの解説(ワールド通販)

クロミッドは世界的に有名な商品で、排卵障害の改善のために使われることが多いです。アナボリックステロイド(筋肉増強剤)のケア剤として使われることもあり、日本から通販で個人輸入している人も多いです。クロミッドはオオサカ堂などから通販することができ、日本郵便の速達なら1週間程度で安全に届きます。オオサカ堂なら送料無料は無料です。

クロミッドは、無排卵周期症、無月経、軽度から中等度に分けられる排卵障害の治療に適した排卵促進剤です。トルコ製の「クロメン」(Klomen)は排卵障害の治療薬である「クロミッド」のジェネリック医薬品で、有効成分クロミフェンを100mg含有しています。

クロミフェン製剤を用いた排卵誘発治療では、有効成分50mgの低用量から開始し、失敗した場合には最大100mgまで増量するのが一般的です。クロミッドは、クロミフェンを100mg含有しています。クロミッドは、これまでクロミフェン製剤による治療を積み重ねてきたお客様で、極端に量の多い治療を必要とする場合に有用です。

クロメン(Klomen)は、排卵誘発剤クロミッドのジェネリック医薬品です。5日間体内に投与することで、排卵を促し、妊娠しやすい状態を誘導します。さらに、筋肉増強のためにアナボリックステロイドを使用している人の中には、副作用として現れるテストステロンの消耗症状を速やかに治すために服用する人もいます。

排卵障害とは、排卵の過程で卵子が発育しない、あるいは発育してもうまく排卵しない状態のことです。クロメンは、Kocak Farma社が開発した排卵促進剤で、クロミッドのジェネリック医薬品です。

クエン酸クロミフェンには、抗エストロゲン(抗女性ホルモン)作用があります。飲み込むと、卵胞力源ホルモン(FSH)と黄体形成ホルモン(LH)の分泌を起こさなければなりません。FSHとLHの分泌は、卵巣を刺激して排卵を誘発します。脳下垂体に働きかけることで、FSH(排卵誘発ホルモン)とLH(黄体形成ホルモン)の分泌を促し、卵胞を大きく成長させることができるのです。

体への負担が少ないとされていますが、気をつけなければならない副作用もあります。薬が効きすぎると、まれに卵巣が腫れて痛くなることがあります。下腹部に痛みを感じた場合は、医師にお知らせください。そのほか、頭痛、吐き気、倦怠感やイライラ、視覚症状などの症状が報告されています。

クロミッドは、不妊症(無状態排卵リズム症)で悩み、悶々としている女性の不妊治療に使われる排卵連鎖反応薬になります。タイミング法とは、自分の排卵日を把握して、妊娠の可能性が高い時期に行為を行う手法です。月経周期が不安定だと、排卵日照が予測できず、妊娠の可能性が低くなってしまいます。排卵誘発剤を服用すれば、1〜2週間で排卵が起こりますので、例の方法の達成率が向上します。

ゴナドトロピンというホルモンが不足すると、排卵しにくくなると言われています。クロミッドはこの性腺刺激ホルモンの分泌を増やす効果があるので、卵胞が十分に成長し、意外にも排卵が連鎖的に起こるようになります。男性不妊の場合は、精子組成に俄然関係するホルモンが不足すると、弱い精子細胞が作られるようになります。そこで、外因性ホルモンが精巣に作用して、男性ホルモンの分泌を促し、丈夫な精子を制定するのです。