フォルカン150mg(ダイフルカン・ジェネリック)

フォルカン200mg(ダイフルカン・ジェネリック)

 

 

 

 

 

フォルカンの解説(通販カンパニー)

フォルカン(Forcan)はダイフルカンの後発品で、製造はインドの大手企業であるシプラ社です。1箱1,000円ほどと非常に安く通販できるのが特徴です。通販できるフォルカンには50mg・150mg・200mgの3種類があります。目的に応じて最適な商品をご注文ください。

フォルカンは、膣カンジダの治療に使用される経口薬「ジフルカン」のジェネリック医薬品です。女性に多く見られる膣炎の治療や、膣内の保湿、不感症の改善などにも使用されます。フルコナゾールは、カンジダ膣炎などの真菌感染症の治療に用いられるユビキタスな薬です。フルコナゾールの最も一般的な副作用は、頭痛や吐き気などの消化器症状です。

2015年に日本で承認されたフルコナゾールは、膣カンジダを内服薬で治療できる最先端の抗真菌薬です。従来の膣カンジダの治療法では、膣錠を6日間連続して使用する必要がありましたが、それに比べて利便性の高い治療法です。フォルカンは、1978年にファイザー社が研究・開発したトリコナゾール系抗真菌薬「ジフルカン」のジェネリック医薬品。真菌はカビの仲間で、体のさまざまな部分に感染し、炎症などの症状を引き起こします。深刻な真菌症の場合は、治療のために薬を服用する必要があります。

フルコナゾールは、重篤な真菌感染症に加えて、性感染症として有名な膣カンジダ症の治療や再発防止にも効果があることが明らかになっています。有効成分であるフルコナゾールを服用すると、真菌性の接触感染症、特にカンジダやクリプトコッカスの真菌感染症をすぐに改善することができます。有効成分であるフルコナゾールは、効果が長続きし、その効力は常に持続しています。

フォルカンは1回しか認められていませんが、膣カンジダに対して優れた治療効果を発揮し、6日間の膣錠による治療と同等の効果が得られます。カンジダ症と呼ばれるような真菌が原因の病気に主に使われます。個人輸入代行でフォルカンを通販すれば、病院施設に行かなくても自宅でカンジダ症を治療することができます。

カンジダ症にかかると、性器周辺のかゆみや発熱の増加などの症状が現れます。軽度の場合は膣内洗浄で自然に治ることもありますが、頑固なかゆみの場合は薬による治療が必要です。フォルカンの服用後、早ければ3日後に症状の改善が見られるケースもあります。フォルカンを服用した日から1ヶ月が経過する頃には、ほとんどの方が完全に症状がなくなっています。

真菌特有の細胞膜であるエルゴステロールの合成を阻害することで、真菌の増殖を分散させ死滅させます。エルゴステロールはヒトの細胞には存在しないため、真菌にのみ作用します。1日1回の服用で、食前・食後の耐性は特にありません。2回目以降の服用は、1回目の服用から24時間以上経過してから服用します。フルコナゾールは体内への吸収性に優れ、高い濃度を維持している中で疾患部位に移行して効果を発揮します。副作用が少なく、比較的安全な抗真菌薬と言われています。