フィナロ(プロペシア・ジェネリック)

 

 

 

フィンペシア(プロペシア・ジェネリック)

 

 

 

 

 

フィナロの解説(通販ディビジョン)

フィナロ(Finalo)は1錠20円程度で通販できるプロペシアジェネリック。定番商品であるフィンペシアよりもコストパフォーマンスに優れ、こちらに切り替える男性も多いです。オオサカ堂(大阪堂)やアイドラッグストアー、JISAなどの個人輸入代行サイトから通販でき、送料無料で配送してもらえます。

フィナロは、プロペシアのジェネリック医薬品の中でも特に低価格の商品。フィンペシアやフィナロイドよりも低価格で、長期使用に適したジェネリック医薬品です。AGA治療薬として有名なプロペシアのジェネリック医薬品で、インドのインタスファーマ社が製造しています。

フィナロは、AGA治療薬として有名なプロペシアのジェネリック医薬品で、抜け毛の原因物質を抑制し、乱れた髪の毛のサイクル(ヘアサイクル)を回復させる効果のある経口育毛剤です。成長期が短くなった髪の毛の寿命を回復させることで抜け毛を減らし、抜け毛の手順を減らすことができます。5αリダクターゼが男性ホルモンであるテストステロンと直接作用すると、薄毛(AGA)の原因であるジヒドロテストステロン(DHTホルモン)に変化します。フィナロはそのジヒドロテストステロンの働きを抑え、髪を強くし、薄毛を予防します。

医療機関でのAGA治療は自由診療となるため、健康保険が使えず、治療費が高額になりがちです。近年ではジェネリック医薬品が登場し、より手が届きやすくなりましたが、フィナロの大きな魅力は、販売価格が他の販売製品よりも低いことです。フィナステリドは、男性型脱毛症の治療に使われており、98%の方が3年間の効果を実感しています。また、日本の皮膚科学会では、男性型脱毛症の治療薬として最も効果があるとされています。

フィナロは、AGA対策に定評のあるプロペシアのジェネリック医薬品です。有効成分のフィナステリドは、男性の脱毛症の原因である男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)を抑制する働きがあります。フィナロは、通販や個人輸入でしか購入できないプロペシアのジェネリック医薬品です。有効成分としてフィナステリドを1mg含有する最安値の薬で、AGA(男性型脱毛症)治療の運用コストの削減に貢献します。

ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンであるテストステロンに5αリダクターゼ酵素が結合して出現する重質物質で、DHTホルモンであるジヒドロテストステロンが生成されると、男性型脱毛症(AGA)が発症し、頭皮が薄くなり、抜け毛などの症状が現れます。フィナロの効果は、発毛に働きかけるというよりも、抜け毛を減らすことに優れています。

プロペシアは有効成分の容量によって0.2mg錠と1mg錠の2種類がありますが、フィナロは有効成分が1mg含まれている効果の高い薬です。もうひとつ、これらの有効成分を含む医薬品が出荷用医薬品として承認されていないことを通じて、日本では同様の医薬品を調剤薬局で購入することはできません。フィナロは1錠20円程度で、1ヶ月分のコストは2,500円ほどですみます。