バルトレックス500mg

バルクロビル500mg(バルトレックス・ジェネリック)

 

 

 

 

 

バルトレックスの解説(通販 もえ薬局)

バルトレックス(Vartrex)は日本の薬局やドラッグストアでは販売されていませんが、海外製品を個人輸入代行業者からネット通販で購入することができます。スマートフォンやパソコンから手軽に注文でき、送料無料で配送してくれる通販サイトも多いです。グラクソ・スミスクライン社の先発品だけでなく、「バルクロビル」(Valclovir)などのジェネリックも販売されています。

バルトレックスは、「ヘルペスのためのバルトレックス」と呼ばれるほど人気のある抗ウイルス剤です。バルトレックスは、口唇ヘルペス、性器ヘルペス、水ぼうそうなど、さまざまなウイルス性疾患の治療に使用されています。バルトレックスは、主に単純ヘルペスの治療に使用されます。単純ヘルペスは、一般的にヘルペスとして知られている病気です。性器に発症した場合は性器ヘルペス、唇に発症した場合は口唇ヘルペスと呼ばれています。

バルトレックスを服用する際の注意点は、いつもより多めに水分を摂取することです。また、バルトレックスの服用については、専門家のアドバイスを受けずに自分で判断しないことが大切です。帯状疱疹の治療では、できるだけ早期にバルトレックスの服用を開始することで、神経痛の後遺症を防ぐことができます。

バルトレックスの摂取量(成人)は、症状に応じて開封することができます。帯状疱疹の場合は、1回2錠、1日3回服用します。単純ヘルペスの場合は、1日1回、1錠ずつ服用します。再発性性器ヘルペスの抑制のためには、1日1回1錠を服用します。ヘルペスは一般的に性感染症と思われていますが、実は接触行為がなくても、日常生活の中での接触でヘルペスウイルスに感染し、口や皮膚に付着してしまうことがあります。

これまで使われてきたヘルペスウイルス感染症の薬は、治療の際にヘルペス感染症の発症率が高いという欠点がありました。バルトレックスは、ヘルペス感染症の発生率を下げるために開発された治療薬を手直ししたものです。ヘルペスや帯状疱疹の治療には、アシクロビルを成分とする「ゾビラックス」という薬が一般的でした。ゾビラックスの特徴は、接触感染した細胞にのみ薬が届くため、正常な細胞には極端な害がないことですが、体内への吸収率が低く、1日5回の服用が必要です。

ヘルペスの初期段階では、人肌の症状が出る前に、何度か再発した人が認識できる不快な感覚やヒリヒリした感覚があります。このヒリヒリした感覚が残っているうちにバルトレックスによる治療を開始すれば、ヘルペスは簡単に治ります。ヘルペスウイルスは、40歳以前の人口の50%が保有しているウイルスです。口唇ヘルペス・単純ヘルペス・帯状疱疹など多くの症状があります。

バルトレックスの主成分であるバラシクロビルは、服用後、体内で速やかにアシクロビルに置き換わることがあります。アシクロビルは、単純ヘルペスウイルス、水痘ウイルス、帯状疱疹ウイルスに感染した細胞に入り、ウイルスのチミジンキナーゼによってリン酸化された後、細胞のキナーゼによってリン酸化されてアシクロビル三リン酸となります。