ウィンゾロン10mg(スタノゾロール)

 

 

 

メダナボル10mg(メタンジエノン)

 

 

 

 

 

ウィンゾロンの解説(通販サイクル)

スタノゾロール配合のアナボリックステロイド「ウィンゾロン」は、男性のカッティングや女性の筋力増加に役立つ商品。通販サイクルの早いこの業界で、5年以上も人気をキープしている商品です。オオサカ堂やお薬なびなどからウィンゾロンは通販できます。

ウィンゾロンは、1日3回、食後に6mgを2mg以上の用量で経口投与します(あくまで標準量)。筋トレをしながら服用するのが効果的とされています。約3~4時間で効果が薄れるため、1日3回だけではなく、分割して服用することが推奨されることもあります。1日50mgを超えないように服用するのが良いでしょう。

アイドリングストップの時間が桁違いに長いため、筋肉の多い人と同じくらいのカロリーを消費することになります。同様に、血中の脂肪酸を切り捨てることで皮下脂肪を減らす効果があり、より良いプロポーションを求める方にお勧めです。

ウィンゾロンは他の代替品に比べて副作用が出にくいと言われていますが、まれに副作用が出ることもありますので、体の良い反応やサインに注意しながら少しずつ量を調整し、推奨される使用量に注意しながら使用することをお勧めします。ウィンゾロンを初めて使用する際には、ネットの口コミやレビューを参考にして服用量を健闘してください。

ウィンゾロンの成分であるスタノゾロールは、アナボリックステロイド、つまり同化作用を持つステロイドホルモンです。ウィンゾロン(スタノゾロール)は、男性の筋肉増強目的ではあまり推奨されていません。強力な効果増強効果はさほど期待できないからです。単に筋肉を得るための商品を探している場合は、medanabol (メダナボル)または Oxypolon(オキシポロン)を検討してください。ウィンゾロンは筋肉をキープしながら減量するのに適したアナボリックステロイドだと言われていあmス。

スタノゾロールは骨を強くしたり、赤血球を増やしたりするほか、より瞬発力のある筋肉を作るのに役立つという期待があります。ウィンゾロンを3週間以上使用することはできませんので、あまり長く服用しないようにしましょう。また、プロのアスリートの場合は、ドーピング指定されている薬なので注意が必要です。筋力アップの練習をしながらの服用も可能で、筋肉を発達させたい人だけでなく、パワーアップや代謝サイクルの改善など、理想の身体を目指すお客様にも高価な効果が期待できます。

ウィンゾロンの有効成分であるスタノゾロールは、副作用が少ないと言われていますが、スタノゾロールのようなステロイドホルモンは、男性ホルモンを自発的に分泌する体質を低下させます。そのため、しばらく体内に取り入れると、男性ホルモンが減少することがあります。

ウィンゾロンは、1989年にスタートしたフィリピンのロイドラボラトリーズ社が作ったステロイドで、EDA(米国食品医薬品局)の厳しい規制をクリアした最高級の製品を製造しています。女性が服用することが難しいステロイドが多い中、スタノゾロールは女性にも顕著な筋力増強効果があります。これはラット(マウス)を使った試験でも明らかになっており、スタノゾロールを投与したオスとメスのラットでは、明らかに筋肉量が増加しました。